ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

30歳以下の方、よく読んでください!ワーホリに人気の5カ国を徹底比較

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今からお話しすることは主に18歳から30歳までのあなたに聞いてほしいです。

今どんな生活を送っていますか?学校に通ってバイトに行って友達と飲んで、はたまた社会人の方は洋服やアクセサリーを買ったりおしゃれして彼氏とデートしたり、たまに海外旅行行ったりという感じでしょうか?

別にそれが悪いとかそういうことを言いたいんじゃないんです。

 

私は19歳の頃に大学のプログラムでアメリカ・ボストンに1年間留学に行きました。私の学科は留学が必修で正直、初めは行きたいかわからなかった。

第一志望に落ちて滑り止めで入った大学。受験に失敗した自分を責めて「大学を辞めたい」と父に言ったこともありました。

 

神奈川県に住んでる私は大学も家から通っていたし、私にとって初めての家族、友達と離れた生活、長期間に渡る海外。ホームシックにもなりました。

自分の英語力のなさに本当に情けなくなって何度も泣きました。寮に住んでて友達と喧嘩した時もあったし、スーパーマーケットで日本人だからっておつりをわざと少なくされた時もありました。

 

からっぽで浅はかだったからこそ、ショックなことも多かった。打ちのめされることも多かったでもやっぱりあの1年間は今でも私の人生に影響を与えています。

買い物や友達との飲みはいつでも出来る。でもこの二度とない「若い時」というチャンスを最大限に利用して、海外に出て自分だけで勝負してみませんか?

 

ワーキングホリデーという道

なぜ私が冒頭で18〜30歳までの人と限定したのかには訳があります。それはワーキングホリデーの年齢制限があるから。

ワーキングホリデーという言葉をおそらく一度は耳にしたことがある人も多いかと思います。

 

ワーキングホリデーとは、ある一定の期間、仕事をしてもよし、学校に行ってもよし、資格をとってもよし、旅に出てもよし、というとてもフリーなビザなんです。

今回はワーホリ協定国の中でも特に人気の5都市を一挙ご紹介します。みなさまの参考になったら嬉しいです。
ワーキングホリデーの詳しい説明記事はこちら!
これを読めば丸わかり!夢の海外生活「ワーキング・ホリデー」の基本情報まとめ

 

オーストラリアのワーホリ事情

photo by shutterstock

日本とのワーホリの歴史が一番古い国。また、世界一住みやすい街に選ばれているメルボルンがあります。1年を通して温暖で自然も多く、のんびりとした生活が好きなあなたにおすすめ!

また、多民族国家でさまざまな文化も学べます。ファームでのお仕事や、最近ではカフェ文化が盛んって知ってました?バリスタの修行の為にオーストラリアに行く人も多いそうですよ!

<申請方法>インターネットにて。クレジットカードとパスポートが必要。
<申請料>420オーストラリアドル
<定員>なし
<滞在期間>最高12ヶ月まで滞在可能(条件つきでビザの延長(セカンドビザ)が可能)
<就学期間>4ヶ月以内
<就労期間>1個用主に対して6ヶ月

<オーストラリア政府観光局>

 

カナダのワーホリ事情

photo by shutterstock

近代的な都会でありながらナイアガラの滝や北部ではオーロラなど大自然に囲まれているカナダ。

また、モントリオールは「北米のパリ」とも呼ばれており、公用語はフランス語です。フランス文化、フランス語も同時に学べて、お隣にはアメリカがあるなど色々なところにアクセスできるのもおすすめのポイントです!

<申請方法>インターネットにて。IECとWork Permitの2段階の申請が必要
<申請料>150カナダドル
<定員>6,500人
<滞在期間>最高12ヶ月まで滞在可能
<就学期間>6カ月以内
<就労期間>制限なし

<カナダ観光局>

 

ニュージランドのワーホリ事情

photo by shutterstock

大都会でも少し離れれば田園風景と羊の群れがあなたを待っています。仕事をしながらでも、休日はシュノーケリングやBBQ、ナイトマーケットなどでお祭り気分が味わえます。

また英語圏の中でも物価が比較的安く費用が抑えられることも嬉しいポイントですね!

<申請方法>インターネットにて。IECとWork Permitの2段階の申請が必要
<申請料>420ニュージーランドドル
<定員>なし
<滞在期間>最高12ヶ月まで滞在可能(ビザを3ヶ月まで延長可能)
<就学期間>6カ月以内
<就労期間>1個用主に対して3ヶ月(2016年3月29日より「制限なし」に変更)

<ニュージーランド政府観光局>

 

イギリスのワーホリ事情

photo by shutterstock

イギリスは英語発症の国。癖のない「キング・オブ・イングリッシュ」を学ぶことが出来ます。また多くの国が滞在期間1年に対しイギリスは2年、就労期間や就学期間を定めているのに対し、イギリスは制限なしとワーホリをする人にとってはとてもありがたい決まりです!

またロンドンはイギリスの国際都市。トレンドの発祥地でもあり数多くの芸術品や建築物、またファッションや音楽など、古いものと新しいものが混ざり合う個性豊かな街です。

 

<申請方法>毎年1月にインターネットにて。指定期間にメールを送り無作為に抽選される
<申請料>225ポンド
<定員>1,000人
<滞在期間>最高24ヶ月まで滞在可能
<就学期間>制限なし
<就労期間>制限なし

<英国政府観光庁>

 

フランスのワーホリ事情

photo by shutterstock

凱旋門やエッフェル塔、ベルサイユ宮殿などの歴史的建造物が溢れる「花の都パリ」。映画や雑誌などで観るフランスの美しい文化に憧れてワーホリを決める人も多いのだそうです。

また、ビザの申請料が無料なんです!近隣国にも気軽に旅行へ行けてヨーロッパならではの楽しみ方が出来るなんて嬉しいですよね。

<申請方法>インターネットにて。申請動機作文などの提出が必要になる。
<申請料>無料
<定員>1,500人
<滞在期間>最高24ヶ月まで滞在可能
<就学期間>制限なし
<就労期間>制限なし

<フランス観光開発機構>

※金額や申請内容はその年によって変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

まとめ

いかがでしたか?私は今年からイギリスへワーキングホリデーで2年行ってきます。もちろん現地から生の声を届けて、たくさんの人に海外の良さ、そして日本の良さをわかってほしい!

もし興味が少しでもある人は「ワーホリ ブログ」で検索すると、今までワーキングホリデーを実際された人のブログなどが出てくると思います。

 

その他にも日本ワーキングホリデー協会が定期的に説明会を行っていたり、留学カウンセリングの会社もたくさんあります。学生に気になる金銭面もきちんと相談に乗ってくれますよ。

聞くのはタダ。でも18〜29歳のこの期間は人生に一度きり。一緒に楽しみましょう!

関連記事リンク(外部サイト)

ワーキングホリデー前にオススメしたい!フィリピン留学のここがイイ!
【倍率は宝くじ並み!?】イギリスのワーホリビザ取得前に知っておくべきこと
【2016年からワーホリ税導入】オーストラリアでワーキングホリデーをする4つの理由
一攫千金!ワーホリしながら貯金できるファームジョブの真実!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP