ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅の持ち物から見る、80年代から現代までの旅行スタイルの変遷

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行に行く際にはパスポート、旅行バッグなどをはじめ定番の持ち物が数多くありますね。しかし、80年代と比べると海外に行く際の持ち物は随分と変化しました。

特に、電子機器関連のイノベーションはこの30年間ですさまじいものがあったと言えるでしょう。30年前に比べて、海外旅行の質も大きく変化したといえます。

 

今回は、80年代の海外旅行の持ち物やツールと、2010年代の海外旅行のツールで変化があったものについて詳しく見ていきたいと思います。

 

携帯電話・スマートフォン

photo by Jeremy Segrott

80年代に携帯電話・スマートフォンを持って海外に行くという方は、ほぼ居なかったと言えるでしょう。

肩から下げて使う「ショルダーホン」がNTTの前身である電電公社から発売されたのが1985年でしたから、80年代当時携帯電話は当然一般的ではなく、ましてや海外から日本に連絡など取れるはずがなかったのです。

携帯電話で海外へ連絡が取れるようになったのは、1997年前後、それから10年余りで、携帯電話は大変な進歩を遂げたといえますね。

 

音楽プレイヤー

photo by Robert Leverington

旅行の際に必需品となる音楽プレイヤー。80年代はポータブルCDプレイヤーを持ち運ぶという選択肢しかありませんでしたが、2010年代はMP3プレイヤーやスマートフォンが一般的です。

MP3プレイヤーが本格的に市場に登場し始めたのは1998年ごろからであり、2006年ごろにはポータブル音楽プレイヤーのメインストリームとなりました。

 

パソコン・タブレット

photo by Amit Patel

旅行の際にパソコンを持っていくという選択肢は、80年代には当然ありませんでした。

80年代と言えばパソコンは一流企業にあるだけの時代。ワープロですらまだそれほど一般化されていなかったのです。潮流が変わったのはノートパソコンが本格的に市場に流通し始めた1998年ごろから。

このころから海外旅行にパソコンを持ち歩く人たちが現れ始め、10年代にはさらに携帯に便利なタブレットを持ち歩くことが一般化しています。

 

カメラ

photo by Curtis MacNewton

旅行の思い出を取っておけるカメラですが、80年代にはいわゆる使い捨てカメラが本格的に登場したことで旅行の際の写真事情が大きく変わりました。

フィルムなどを持ち歩かなくてよい使い捨てカメラは80年代の旅行の必需品となっていました。

現在ではスマートフォンでも高精細な写真を手軽に撮ることができるようになり、もはやカメラを持ち歩く時代ではなくなりつつありますね。

 

ガイドブック関係

photo by Davidlohr Bueso

いつでもどこでもスマホでほしい情報が手に入れられるようになった現在。

地図、ガイドブックや現地での会話集などは必ずしも持ち歩かなければいけないものというわけではなくなりました。

80年代の海外旅行において、カバンの中でかさばる会話集やガイドブックの類は海外旅行において足を引っ張るものの典型であったために、この変化はまさに画期的であったと言えるでしょう。

 

変圧器

photo by Phil Long

80年代、電化製品を海外に持っていく場合には必需品であった変圧器。

日本の電圧と海外の電圧には違いがあり、バッテリーを充電したり、コンセントがなければ動かなかったりする電化製品に変換プラグと変圧器は必需品でした。

 

しかし現在では、変圧器無しでもバッテリーの充電などが可能な製品が増えています。日本のメーカーが海外でも使用可能な電圧に対応してきており、従来よりも幅広い電圧で対応できるようになっているのが大きな理由です。

ただし、まだ変圧器がなければ充電等出来ない場合も中にはありますので、不安な方は変圧器を持ち歩いたほうが良いでしょう。

 

LCC、飛行機の代金

photo by Lenny DiFranza

80年代と10年代で最も大きく変わった部分のひとつが、飛行機代金の大幅な値下がりではないでしょうか。

80年代は急激な円高の影響もあって航空券の価格は高止まり。いくらバブル景気とはいえ利用者の不満は増大するばかりでした。

 

その後海外で格安航空会社が続々と登場するようになると、日本の航空会社もさすがに対処をせざるを得なくなり、90年代後半から航空券の料金は下落。

現在では格安航空会社(LCC)が日本にも本格参入して過去に類を見ない安価で海外に行けるようになりました。

 

格安ツアー

photo by Saint Louis University Madrid Campus

そもそも、ツアーの代金自体が80年代と10年代を比較するとかなりお安くなっているという部分は見逃せません。

前述したLCCの台頭などもあり、80年代と10年代を比較すると海外旅行の価格自体が比較にならないほど下がっていると言えるでしょう。

10年代は、過去の歴史から見ても最も安く海外に行くことが出来る時代になっていると言えますね。

 

まとめ

80年代と10年代を比較した際に見逃せないのは、前述した飛行機の値段的な部分にも関係しますが、海外旅行への敷居が下がったという部分でしょう。

80年代はバブル景気などによって景気が良かったとはいえ、海外に一度も行ったことがないという方も珍しくありませんでした。

現在のように気軽に海外に出かけられる状況ではなかったという部分が、最も大きな変化だと言えるかもしれませんね。

関連記事リンク(外部サイト)

長い旅の途中、みんな下着はどうしてるの?
【完全保存版】世界一周経験者が教える海外旅行先で節約できるトラベルハック術23選
【大公開】目指せ-5kg!旅行の荷物を軽くする7つのコツ
【これって必要?】カナダで長期滞在する時の持ち物まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP