ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貧乳だけど…乳腺炎にも義母のミルク攻撃にもめげず、3人育て上げた私のおっぱい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初めて出産した産院が、母乳にこだわっていたこともあり、私も母乳で育てたいと思うようになりました。

1人目は全く何もわからなくて、わが子を抱くにもおっかなびっくりで、助産師さんたちも見ていてヒヤヒヤしたことだろうと思います。

出産後、30分以内には授乳したと思います。

おかげで、母乳は充分に出ているし、体重の増えも順調だと入院中には言われました。

1カ月健診でも問題ありませんでした。

でも、母乳をよく吐く子だったせいもあり、生後半年頃から体重がなかなか増えなくなりました。

義母がミルク派で、ことあるごとに母乳だけではダメだ的な事も言われ、私はとても不安になりました。

赤ちゃんと私との密室育児の中で、母親に甘えたい部分もあったと思いますが、かなりの頻回授乳でした。

頻回授乳=母乳がでてない?と、ほとんどノイローゼのように悩み、母乳育児相談室という所に相談するほどでした。

そして、相談相手の助産師さんに自宅に来てもらい見てもらうことになりました。

助産師さんに授乳中や赤ちゃんの様子を見てもらうと、

「問題ない、大丈夫」

と言ってもらえたので、安心することができました。

その後は、義母のミルクミルク攻撃にチクチク胸が痛みましたが、助産師さんのアドバイスを信じて母乳育児を続けました。

その時の私には、慣れないミルクを新たに導入する余裕がなかったのです。

母乳にこだわる気持ちが強かったのもありますが、母乳のままの育児を続けるほうが楽だったのです。

1人目の離乳食が進んだころ、長時間の外出をすることがありました。移動は車です。

普段とは違う場所が新鮮で気が紛れるのか、普段のようにおっぱいを欲しがりませんでした。

ずいぶん授乳間隔が空くようになったなーと喜んだのですが…

その後、急に目がぐるんぐるん回りはじめ、立っているのもやっとな状態になりました。

こんな経験は初めてだったので、自分でも何が起きたのかわかりませんでしたが、高熱が出て、おっぱいがガチガチに固くなっていました。

夫は仕事で、頼れるものは自分のみ。

必死で自分に何が起こっているかネットで検索しました。

ズバリ乳腺炎でした。

対処法として「ひたすら授乳」というのを目にし、「こんなガチガチのおっぱいを飲んでも大丈夫なんだろうか…」と不安もありましたが、赤ちゃんと一緒に横になって授乳しながら寝ていました。

受診することなく、だんだん熱も下がり、おっぱいも普段の状態に戻りました。

2人目出産後も乳腺炎になりました。

「なんか、しんどい…体が重い…。これは、ひょっとして産後鬱かも…」とボーとした頭で考えていたら、なんのことはない、また熱があって乳腺が腫れていました。

3か所ほど腫れました。

退化しているけれど、人間にも犬や猫みたいに乳腺が何個もあるようです。

その退化した乳腺まで腫れてました。

原因がわかれば、何てこともない。

乳腺炎なら経験済みですし、

「良かったー産後鬱じゃなくて!」

とホッとしました。

2人目のときも「今回は男の子だから母乳だけでは足りない!」と、またもや義母のミルクミルク攻撃。

でも、だいぶ私も強くなっていました。

普通に自分にとってストレスの少ない母乳育児を選びました。

3人目は母乳育児については何も心配しませんでしたし、もう義母も何も言いませんでした。

母親ってのは強くなります。

強くならないと、やっていけないです。

ところで、母乳だけで3人育てた私のおっぱいは…もともと貧乳でしたが、さらに残念なことになりました…

著者:おっぱいママ

年齢:38歳

子どもの年齢:7歳、5歳、3歳

元気いっぱいの3人の育児に毎日バタバタです。我が家には、もう赤ちゃんはいないけれど、大変だった授乳中のことを思い出します。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

出るようになって嬉しいけど、今度は詰まる!母乳トラブルの原因は◯◯不足と甘いもの
ママのおっぱいよりもミルクがいいの?「できれば完母で」とこだわってしまう母心
何が何でも母乳!と思っていたけれど…子どもの表情に気づかされた、本当に大事なこと

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP