ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】「言」と「行」の狭間から浮かぶ中曽根康弘氏の実像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『中曽根康弘 「大統領的首相」の軌跡』/服部龍二・著/中公新書/900円+税

【評者】平山周吉(雑文家)

『私何だか死なないような気がするんですよ』とは九十八歳まで生きた宇野千代最後の本のタイトルだが、九十七歳の「風見鶏」、いや「大勲位」の鼻息は、いまだ現役政治家である。“高論卓説”が節目節目に、新聞や雑誌を飾ることおびただしい。

「棺を蓋いて事定まる」のが世の習いだが、その長寿に待ちきれずに(?)、本書『中曽根康弘』は出版となった。著者の服部龍二中央大教授は『広田弘毅』『日中歴史認識』などでその実力が知られる外交史家である。

 オーラルヒストリーで徹底インタビューも行なっている相手だから、面識もある。「大統領的首相」の黒い目がまだ炯炯(けいけい)と光っているから、さぞ書きにくかっただろうが、そのハンディをものともせずに、歴史上の人物として冷静に評価が行なわれ、功と罪が描かれる出色の伝記だ。

 まっ白に塗った自転車で選挙区を走り、原子力基本法を議員立法で作って「ミスター・アトム」と呼ばれ、「憲法改正の歌」の作者でもある。若き日から目立つことをひたすら心がけ、たくさんの著書を出し、田中角栄の力を借りて、遂に総理の座に辿り着く。日米蜜月のロン・ヤス関係まで築いた毀誉褒貶の軌跡は、それだけで極上の田舎芝居である。

「巧言令色」を実行した政治家の、大量の「言」と派手な「行」に付き合うのは大変だったはずだ。数十年にわたる、余りに膨大な証言と記録を残しているからだ。その「言」と「行」の狭間を、丁寧にトレースしていくと、そこに元宰相の実像が浮かびあがってくるのだ。

「戦後政治の総決算」という高邁なキャッチフレーズも、もともとはロッキード裁判前後の選挙乗り切りのための言葉だった。「中曽根は、実態よりも強い言葉を好む傾向にある」。

 靖国参拝、原発、改憲、教育など、決算時期さえ定かでない問題は山積したままだ。自ら望んで「歴史法廷の被告」となった自信家である中曽根康弘は、その言行のすべてが、戦後日本の隘路のありかを示す稀有な存在なのだ。

※週刊ポスト2016年3月11日号

【関連記事】
中曽根康弘氏 歴代自民党総裁の中で「一番画になった」の評
中曽根氏 議員引退迫った小泉純一郎と目合わせなかったと告白
「対中外交ではアメリカを利用しろ」と中曽根康弘氏が提言

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP