ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今井絵理子の恋人にカネ持ち逃げの過去 元共同経営者が証言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌前号がスクープした参議院選の自民党公認候補であるSPEED・今井絵理子氏に関する「婚約者の逮捕歴」報道。これは、シングルマザー代表の意味合いで参院選の目玉候補に擁立された同氏と自民党には、大きな痛手だったと見える。

 今井氏が半同棲する“イケメン同級生”のA氏が元風俗店経営者で、昨年3月に風営法および児童福祉法違反容疑で那覇署に逮捕されていた事実(処分保留で不起訴)。女子中学生を含む18歳未満の少女3人にみだらな行為をさせた容疑だっただけに反響は大きい。

 A氏が風俗店から足を洗うきっかけは、昨年の逮捕だった。ただし、これには前段があると語るのは、ともに逮捕された風俗店の共同経営者・X氏である。

「2014年の秋ごろ、その風俗店に警察から内偵が入っているという情報が飛び込んできた。言い訳になりますが、僕は立ち上げの協力と出資をしていただけで、現場はAが仕切っていたために、未成年を働かせているということもその段階になるまで知らなかったんです。それで11月に、捜査を避けるために営業を停止することにしたわけです。

 ところがいろいろ整理してみると、僕とAで折半するはずの売り上げが足りないし、入居していたビルの家賃も滞納していることも分かった。問い詰めたら、Aは横領していることを認めました。彼がやっていた闇金がうまくいかなくなって損失補填に使ったのと、今井さんと会うために東京と往復する費用が必要だったらしい。200万~300万円は持ち逃げされたはずです。

 結局、『カネの話はチャラにしてやるから、いざ逮捕されたら自分がやりましたと話すんだぞ』といって営業を止めました。Aが『経営を譲渡した店』といっているのは、おそらくこのときのことでしょう」(X氏)

 その後二人は接触を断ったが、年が明けて昨年3月、X氏は自宅で、A氏は実家の弁当店で、それぞれ那覇署に逮捕された。当時このことを報じた沖縄タイムスに、〈X容疑者は否認、A容疑者は行為を認めたが「自分一人でやった」と一部否認している(報道では実名)〉と書かれた背景には、こうした事情があったのだ。

「那覇署の留置場では僕とAの房が隣の隣だったから、注意して話せばちょっとは意思疎通できた。Aは『今井に弁護士を雇ってもらった』といっていた。取り調べの時には担当の警察官から、『一緒に捕まったやつのところにSPEEDの今井が面会に来てるぞ、すごいな!』と教えてもらいました。不起訴になったあとは、Aが逃げるように内地に行ったので、それ以降は会ってないし、携帯も変わったようで連絡も取れません」

※週刊ポスト2016年3月11日号
恋人がお金持ち逃げの過去(今井絵理子公式ブログより)
【関連記事】
今井雅之さん 親友・中居のカラオケ中、トイレに逃げたことも
自民候補・今井絵理子の恋人に児童福祉法違反で逮捕歴報道
今井絵理子氏 逮捕された恋人のビジネス現場を訪れていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。