ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自動車業界社風 まとまり良い「トヨタ」世界化困惑「日産」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつて日本のサラリーマンは、入社した企業の社風に染まることが奨励された時代があった。不況やグローバル化という経済環境の変化で個人が重視されるようになると、社風について語られることは減った。とはいえ、社風は依然としてあり、それが会社の“活力”と連動していることも事実。日本を代表する自動車メーカーの社風を探った。

 世界一の自動車メーカー・トヨタ自動車。現在の豊田章男社長以前は、創業家ではない生え抜き社長が三代続いた。

「その間、数字を追う拡大路線を続けたが、章男社長が就任してからは大量のリコールを出すなど苦難の連続だった。章男社長はいま、“原点回帰”を目指している」と語るのは、自動車業界に詳しい経済ジャーナリストの福田俊之氏。

「かつては地元愛知出身の社員が多く“クルマ愛”も強かったが、いまは高学歴社員ばかりで自動車はそれほど好きではない社員も多い。章男社長に話を聞くと、『今年はクルマ好きの新入社員が多くてうれしかったよ』という感想が出るほどだ。

 自動車メーカーというよりも、グローバル企業としてのトヨタに入ったという意識が強いのだろう。だからこそ、章男社長が原点に返って『もっといいクルマをつくろうよ』と号令をかけている。そのためには“尖った社員”を生み出したい。いまはその途上にある」(福田氏)

 もちろんトヨタにも社の方針に異論を持つ社員がいるが、ひとたびスーツにバッジを着ければ、会社のために尽くすことができる。

「社長が『この指止まれ!』といえば、即座に集まれるまとまりの良さはトヨタの最大の特徴であり強みだ」(福田氏)

 一方、2000年にカルロス・ゴーン社長が就任してから社風が変わったのが日産自動車。かつては高学歴の社員が多く、社内で派閥抗争に明け暮れていた時期もあった。現在の日産の社風を表すキーワードは「語学」と「女性」だ。

「フランス・ルノー傘下となって以降、リストラと同時に中途採用を多く実施した。語学ができないと出世できず、海外に行くのが当たり前の雰囲気がオフィスに充満するようになった。

 また、女性がのびのび働ける環境があるのも特徴。ゴーン社長がヘッドハンティングした星野朝子氏は日産で女性初の役員(専務)となり、国内営業トップを務めている。ゴーン社長付広報を務めていた田中径子氏は一昨年、ウルグアイ大使に抜擢されるなど、活躍が目覚ましい」(福田氏)

 一方、外資系の文化が浸透したことで肩身を狭くする社員も現れた。

「ノーネクタイでヒゲを伸ばすなど小洒落た若い社員が多いが、彼らは“仕事が終われば自分の時間”と飲みにもあまり行かない。ゴーン体制に馴染めず、かといって社外に飛び出す機会もなかったような古参社員は、外国人や若手が闊歩するオフィスで日本人だけで群がり、“別の会社になってしまった”と嘆いている」(福田氏)

※SAPIO2016年3月号

【関連記事】
パナソニックとソニー 両社で生き続ける創業者の遺訓
トヨタ 「自動運転」と「走らせる喜び」の2方向で進化想定
豊田章男氏 出戻り副社長を「好き放題言いやがって」と喜ぶ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP