ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宇賀アナ 主婦ウケよく『モーニングショー』好調にも貢献 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年9月にスタートした『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)が好調だ。前身の『モーニングバード』時代は、視聴率で『とくダネ!』(フジテレビ系)と『スッキリ!!』(日本テレビ系)に大きく水を開けられていたが、最近は『スッキリ!!』を上回ることもある。この逆転劇を生んだ理由の一つとして、番組アシスタントを務める宇賀なつみアナ(29)のおかげだという声は少なくない。ネット上でも「宇賀ちゃんかわいい」と評判は上々で、前身の『モーニングバード』から司会を務める羽鳥慎一アナ(44)にとって、まさに幸運の女神だ。

 女子アナ評論家の上杉純也さんによれば、宇賀アナには、朝の情報番組の主要視聴者である主婦層ウケのよさがあるという。

「品が良くて笑顔がさわやか。清潔感があってしっかり者。まさに”うちの息子の嫁に欲しい”タイプなのが宇賀アナです。彼女は2009年の入社以来、『報道ステーション』の天気コーナーやスポーツコーナーを担当してきましたが、夜は男性の視聴者が多いので主婦層の認知度はそれほど高くありませんでした。

 ところが2014年に朝の番組に移ってきてからは、主婦層の信頼をしっかり勝ち取っています。最近はあえてたどたどしい原稿読みを売りにする女子アナも増えていますが、宇賀さんはしっかりと読んでいる。そんなところも主婦層からは好感を持たれやすいのです」(上杉さん・以下「」内同)

 2014年3月に、『報ステ』から早朝時間帯の『グッド!モーニング』へ。夜から朝へのコンバートが成功し、清楚なイメージが視聴者に幅広く浸透することとなった。

 テレ朝では竹内由恵アナ(30)の人気も根強いが、もはやエースは宇賀アナだという声も少なくない。

「女子アナというのは、男性に媚びるタイプは男性受けがよく、媚びないタイプは女性受けがよくなります。宇賀アナは完全に後者のタイプです。羽鳥アナの隣で、出しゃばりすぎず、自分の意見もしっかり言う。今のテレ朝の女子アナは、男性に人気の竹内アナ、女性に人気の宇賀アナとすみ分けができているので、どちらがエースというのはありませんが、宇賀アナは今後もこの路線を進んでいけばいいのではないかと思います。

『モーニングショー』水曜日の『継ぐ女神』というコーナーでは、伝統や文化を受け継ぐ女性たちにしっかりとした取材をしています。ファンでない人が見ても“この人はしっかりとやっているな”と思うでしょう」

 今後の課題はあるだろうか?

「しいて言うなら、もうちょっとキャラを出してもいいのかな、と思います。最近はアイドルも女子アナもキャラ付けが大事で、日テレの水卜麻美アナ(28)も大食いで人気に火がついた。深夜に放送されていた『初めて○○やってみた』でお笑い芸人とうまく絡んでいたように、素の部分をみせてもいいと思います。『モーニングショー』では見せない一面をバラエティー番組などで見せると、優等生キャラとのギャップがあって視聴者に喜ばれると思います。たとえば『Qさま!!』に呼ばれて、”優勝しちゃっていいのかな”とか思わず、本気で優勝を狙ってもいいと思いますよ」
 
 高嶺の花より身近に咲く花。もうワンランク上の人気者になるには、宇賀アナがどんなキャラを見せていくかが鍵になりそうだ。

 テレ朝の“あるジンクス”も、宇賀アナのブレイクを後押しする。

「テレ朝では、“ちゃん付け”のアナウンサーが人気者になるんです。徳ちゃん(徳永有美アナ)、前田ちゃん(前田有紀アナ)、大木ちゃん(大木優紀アナ)、堂ちゃん(堂真理子アナ)。“宇賀ちゃん”もそのブレイクのラインに乗りつつあるといえます」

「好きな女子アナ」の上位にランクインする日も近そうだ。

【関連記事】
テレ朝の宇賀なつみアナ 将来は局の看板背負う存在になるか
テレ朝・宇賀なつみ 『報ステ』降板後に朝番組抜擢も正念場
テレビ朝日の宇賀なつみアナ 巨人内海をじっくりと見つめる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP