ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おでんの巾着(きんちゃく)に入れると美味しい「意外なモノ」3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

真冬の厳しい寒さが和らぎ始めてきた今日この頃。春の訪れはうれしいものの、冬ならではのあったか料理とのお別れは少し残念……。そこで、冬の料理の代表格・おでんを楽しみ尽くすための変わりダネをご紹介。

「もう食べ飽きた」なんて人にこそオススメしたい、秘められたおでんのポテンシャルをまだまだ引き出せる「巾着(きんちゃく)」利用法を伝授します!

餅と明太子の強力タッグは、
おでんでも例外にあらず!

「もち入り巾着」といえば、おでんでは比較的スタンダードなタネ。しかし、その巾着にもち以外の一品を加えるだけで、味の印象はがらりと変わります。オススメはズバリ明太子です。

もんじゃ焼きなどではよく見かけるこの組み合わせ、実はおでんの巾着の具材としても相性抜群なんです! 作り方も簡単で、巾着となる油揚げのなかに、もちと明太子を一緒に入れるだけ。

もっちり滑らかな食感に明太子のつぶつぶ感が、アナタに新しいおでん体験を与えてくれるはず!

ベーコン&モッツァレラで
洋風おでんが完成!

和食のおでんにも意外に合わせやすい洋風食材が、ベーコンとモッツァレラチーズ。こちらは下処理不要で、両者をそのまま巾着に詰め込むだけでOK。

油揚げにしみたおでんの出汁と、ベーコンやモッツァレラチーズのマリアージュは、一度試してみる価値あり!ちなみに、巾着の口を閉じるかんぴょうは、パスタでも代用可能。あえてパスタを利用して、洋風感を高めてみるのもおもしろいかも。

あまった具材をそのまま再利用
「巾着餃子」にも注目!

餃子であまってしまった餡は、ぜひおでんで再利用を。油揚げに詰め直せば、新感覚の「巾着餃子」が完成!

おでんと水餃子がクロスオーバーしたかのようなハイブリットな新巾着。餃子を作った際には、覚えておきたい料理法です。

普通のおでんに飽きてしまったら、試してほしい巾着の新メニュー。どれも油揚げに具材を詰め込むだけの簡単手順ですが、事前に熱湯をかけて油抜きをするのは、忘れてはいけない基本。味のしみこみやすさがグッと変わるポイントなので、この点だけはご注意を!

Q.どれ、試してみたいと思った?
・餅と明太子の巾着!・ベーコン&モッツァレラの洋風おでん!・巾着餃子

関連記事リンク(外部サイト)

フライドポテトよりもサクサク!?新感覚の「フライド大根」って?
自宅でお店並みのウマいモツ鍋ができる!簡単な下処理だけで一気にレベルUP
【Twitterで話題】紙パックジュースを冷やして作る「ぷるぷるゼリー」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP