ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第88回アカデミー賞:受賞結果一覧

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月28日(現地時間)、第88回アカデミー賞の授賞式が開催された。クリス・ロックが2度目の司会を務め、ハリウッドのドルビー・シアターからABCがライブ中継をオンエアした。

以下に、受賞結果の一覧を紹介する。

作品賞
『スポットライト 世紀のスクープ』(オープン・ロード・フィルムズ)(受賞)
『オデッセイ』(米20世紀FOX)
『レヴェナント:蘇えりし者』(米20世紀FOX)
『ルーム』(A24)
『ブリッジ・オブ・スパイ』(米ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ)
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(米パラマウント・ピクチャーズ)
『ブルックリン』(FOXサーチライト・ピクチャーズ)
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(米ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ)

主演男優賞
レオナルド・ディカプリオ (『レヴェナント:蘇えりし者』)(受賞)
マット・デイモン (『オデッセイ』)
マイケル・ファスベンダー (『スティーブ・ジョブズ』)
エディ・レッドメイン (『リリーのすべて 』)
ブライアン・クランストン (『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』)

主演女優賞
ブリー・ラーソン (『ルーム』)(受賞)
ケイト・ブランシェット (『キャロル』)
ジェニファー・ローレンス (『JOY』)
シャーロット・ランプリング (『さざなみ』)
シアーシャ・ローナン (『ブルックリン』)

助演男優賞
マーク・ライランス (『ブリッジ・オブ・スパイ』)(受賞)
クリスチャン・ベイル (『マネー・ショート 華麗なる大逆転』)
トム・ハーディ (『レヴェナント:蘇えりし者』)
マーク・ラファロ (『スポットライト 世紀のスクープ』)
シルヴェスター・スタローン (『クリード チャンプを継ぐ男』)

助演女優賞
アリシア・ヴィカンダー (『リリーのすべて』)(受賞)
ジェニファー・ジェイソン・リー (『ヘイトフル・エイト』)
ルーニー・マーラ (『キャロル』)
レイチェル・マクアダムス (『スポットライト 世紀のスクープ』)
ケイト・ウィンスレット (『スティーブ・ジョブズ』)

監督賞
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ (『レヴェナント:蘇えりし者』)(受賞)
アダム・マッケイ (『マネー・ショート 華麗なる大逆転』)
ジョージ・ミラー (『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)
レナード・エイブラハムソン (『ルーム』)
トム・マッカーシー (『スポットライト 世紀のスクープ』)

脚色賞
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(アダム・マッケイ、チャールズ・ランドルフ)(受賞)
『ブルックリン』(ニック・ホーンビィ)
『キャロル』(フィリス・ナジー)
『オデッセイ』(ドリュー・ゴダード)
『ルーム』(エマ・ドナヒュー)

脚本賞
『スポットライト 世紀のスクープ』(トム・マッカーシー、ジョシュ・シンガー)(受賞)
『ブリッジ・オブ・スパイ』(マット・シャルマン、イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン)
『Ex Machina(原題)』(アレックス・ガーランド)
『インサイド・ヘッド』(ジョシュ・クーリー、ピート・ドクター、メグ・レフォーヴ)
『ストレイト・アウタ・コンプトン』(アンドレア・バーロフ、ジョナサン・ハーマン、S・レイ・サヴィッジ、アラン・ウェンカス)

長編アニメ映画賞
『インサイド・ヘッド』(ピクサー・アニメーション/米ウォルト・ディズニー・スタジオ)(受賞)
『Anomalisa(原題)』(米パラマウント・ピクチャーズ)
『父を探して』(GKIDS)
『映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』(ライオンズゲート)
『思い出のマーニー』(GKIDS)

長編ドキュメンタリー賞
『Amyエイミー』(A24)(受賞)
『Cartel Land(原題)』(ザ・オーチャード)
『ルック・オブ・サイレンス』(ドラフトハウス・フィルムズ)
『ニーナ・シモン〜魂の歌』(Netflix)
『ウィンター・オン・ファイヤー:ウクライナ、自由への闘い』(Netflix)

外国語映画賞
『サウルの息子』(ネメシュ・ラースロー監督/ハンガリー)(受賞)
『大河の抱擁』(チロ・ゲーラ監督/コロンビア)
『裸足の季節』(デニズ・ガムゼ・エルグヴァン監督/フランス)
『ディーブ』(ナジ・アブ・ヌワール監督/ヨルダン)
『Krigen(英題:A War)』(トビアス・リンホルム監督/デンマーク)

撮影賞
『レヴェナント:蘇えりし者』(エマニュエル・ルベツキ)(受賞)
『キャロル』(エドワード・ラックマン)
『ヘイトフル・エイト』(ロバート・リチャードソン)
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ジョン・シール)
『ボーダーライン』(ロジャー・ディーキンス)

編集賞
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(マーガレット・シクセル)(受賞)
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(ハンク・コーウィン)
『レヴェナント:蘇えりし者』(スティーヴン・ミリオン)
『スポットライト 世紀のスクープ』(トム・マカードル)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(メリアン・ブランドン、メアリー・ジョー・マーキー)

美術賞
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(コリン・ギブソン;リサ・トンプソン)(受賞)
『ブリッジ・オブ・スパイ』(アダム・ストックハウゼン;レナ・デアンジェロ、ベルンハルト・ハインリヒ)
『リリーのすべて』(イヴ・スチュワート;マイケル・スタンディッシュ)
『オデッセイ』(アーサー・マックス;セリア・ボバク)
『レヴェナント:蘇えりし者』(ジャック・フィスク;ハミッシュ・パーディ)

衣裳デザイン賞
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ジェニー・ビーヴァン)(受賞)
『キャロル』(サンディ・パウエル)
『シンデレラ』(サンディ・パウエル)
『リリーのすべて』(パコ・デルガド)
『レヴェナント:蘇えりし者』(ジャクリーン・ウェスト)

メイクアップ&ヘアスタイリング賞
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(レスリー・ ヴァンダーウォルト、ダミアン・マーティン、エルカ・ワルデガ)(受賞)
『100歳の華麗なる冒険』(ラヴ・ラーソン、エヴァ・フォン・バール)
『レヴェナント:蘇えりし者』(サイアン・グリッグ、ダンカン・ジャーマン、ロバート・パンディーニ)

音響編集賞
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(マーク・マンジーニ、デヴィッド・ホワイト)(受賞)
『オデッセイ』(オリヴァー・ターニー)
『レヴェナント:蘇えりし者』(マルティン・エルナンデス、ランディ・トム、ロン・ベンダー)
『ボーダーライン』(アラン・ロバート・マレー)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(デヴィッド・アコード、マシュー・ウッド)

録音賞
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(ベン・オスモ、クリス・ジェンキンス、グレッグ・ルドロフ)(受賞)
『ブリッジ・オブ・スパイ』(ドリュー・クニン、アンディ・ネルソン、ゲイリー・ライドストローム)
『オデッセイ』(マック・ルース、ポール・マッセイ、マーク・テイラー)
『レヴェナント:蘇えりし者』(クリス・デュースターディック、フランク・A・モンタノ、ジョン・テイラー、ランディ・トム)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(ベンジャミン・A・バート、アンディ・ネルソン、ゲイリー・ライドストローム)

視覚効果賞
『Ex Machina(原題)』(アンドリュー・ホワイトハースト、ポール・ノリス、マーク・アーディントン、サラ・ベネット)(受賞)
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(アンドリュー・ジャクソン、トム・ウッド、ダン・オリヴァー、アンディ・ウィリアムズ)
『オデッセイ』(リチャード・スタマーズ、アンダース・ラングランズ、クリス・ローレンス、スティーヴン・ワーナー)
『レヴェナント:蘇えりし者』(リッチ・マクブライド、マシュー・シャムウェイ、ジェイソン・スミス、キャメロン・ヴァルトバウアー)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(ロジャー・ガイエット、パトリック・タバック、ニール・スキャンラン、クリス・コーボールド)

作曲賞
『ヘイトフル・エイト』(エンニオ・モリコーネ)(受賞)
『ブリッジ・オブ・スパイ』(トーマス・ニューマン)
『キャロル』(カーター・バーウェル)
『ボーダーライン』(ヨハン・ヨハンソン)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(ジョン・ウィリアムズ)

歌曲賞
『ライティングズ・オン・ザ・ウォール』(『007 スペクター』)(受賞)
『アーンド・イット』(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)
『マンタ・レイ』(『Racing Extinction(原題)』)
『シンプル・ソング #3』(『グランドフィナーレ』)
『ティル・イット・ハプンズ・トゥ・ユー』(『The Hunting Ground(原題)』)

短編映画賞
『Stutterer(原題)』(受賞)
『Ave Maria(原題)』
『Day One(原題)』
『Everything Will Be Okay(短編)』
『Shok(原題)』

短編アニメ映画賞
『Bear Story(原題)』(受賞)
『Prologue(原題)』
『ボクのスーパーチーム』
『We Can’t Live without Cosmos(原題)』
『明日の世界』

短編ドキュメンタリー賞
『A Girl in the River: The Price of Forgiveness(原題)』(受賞)
『Body Team 12(原題)』
『Chau, beyond the Lines(原題)』
『Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah(原題)』
『Last Day of Freedom(原題)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP