体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お年寄りを「被介護者」から「社会資源」に|あおいけあ代表加藤忠相さんインタビュー

生活・趣味
あおいけあ加藤忠相さんインタビュー

今、介護業界で最も注目を集めている高齢者向け介護福祉施設「あおいけあ」をご存じでしょうか?神奈川県藤沢市の長閑な住宅街にあるその施設には、日々、全国の同業者や行政、大学の研究員など多くの人が視察にやってきます。訪れた人が口を揃えて言うのは「目指すべき認知症ケアの姿があった」ということ。事実、あおいけあを利用するお年寄りの多くは元気になり、要介護度が下がるのだそう。2013年には「第一回かながわ福祉サービス大賞」も受賞し、“藤沢モデル”として大きな注目を集めているあおいケアの介護。一体何が、どうすごいのか、今回はあおいけあさんを訪問してみました!

※あおいけあは、小規模多機能型居宅介護「おたがいさん」、デイサービス「いどばた」、グループホーム「結」の3つの介護事業所を同じ敷地内で運営しています。

★今回お話を伺った方

あおいけあ加藤忠相さんプロフィール画像
●加藤忠相(かとうただすけ)さん

株式会社あおいけあ代表取締役。1974年生まれ。東北福祉大学社会福祉学部社会教育学科卒業後、横浜の特別養護老人ホームへ就職。高齢者を支配・管理する介護現場の実情にショックを受け、3年間勤めた後退職。25歳で起業し、株式会社あおいけあを設立。2007年より小規模多機能型居宅介護「おたがいさん」をスタート。2012年「第一回かながわ福祉サービス大賞」受賞。高齢者の能力を地域貢献に活かすケアは“藤沢モデル”として注目を集め、湘南を中心に取り組みが拡大している。慶應義塾大学非常勤講師、NPO法人ココロまち理事長としても活動中。私生活では3人の子どもを育てるパパでもあり、サックス奏者でもある。

あおいけあ公式サイト
あおいけあFacebookページ

施設に閉じ込めるケアは「支配」と同じ

――加藤さんは、25歳と若くしてあおいけあを設立されたのですよね。独立のきっかけを教えていただけますか?

きっかけは、大学卒業して初めて就職した特別養護老人ホームでの日常にショックを受けたことです。とにかく業務効率が最優先で、オムツを手早く交換できる人は褒められても、お年寄りとお茶を飲んで話すことは許されない雰囲気でした。お年寄りたちは1日中施設の中で過ごし、家族が面会に来ない限りはまず外に出られない。みんな表情が暗くて、毎日息苦しそうで。これは介護じゃなくて支配だ、施設に閉じ込めることで“お世話される”人を増やしているだけだ、と思いました。

同じ場所で3年間働きましたが、状況は変わらず。働きたいと思える場所がないのなら、自分で作ってしまおう、という発想ではじめたのがあおいけあです。若気の至りです(笑)。
あおいけあ外観あおいけあ外観。敷地内には汲み上げ式の井戸や池があり、屋上にも登れる、遊びゴコロある造り。

1 2 3 4 5次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会