ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目指せ!一生安泰!これからに困らない“食べられる”資格情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫

終身雇用制度が崩壊して久しい現在の日本。これからも食べていけるには常に自分の価値を周りにアピールできないといけなくなっています。第三者が価値を認めてくれている「資格」はアピール力抜群です。ここでは資格の中でも周りへのアピール力が持続的に続いていけそうな「食べていくのに困らない資格」を紹介していこうと思います。

人手不足の介護、医療、保育の資格


看護師

病院は日本中どこにでもあるのでパートナーが転勤族でも働き続けられますし、もともと人手不足のうえベテラン看護師の需要も高いので、60歳以上でも働いている方が多い資格です。またパートの求人を比較しても一般事務の時給より看護師の時給が高い場合が多いように、お給料が良いのも特徴です。稼ぎたいと思えば夜勤がある病院などに勤めるなどの選択もあります。有資格者しかなれず人手不足の業界なので、採用に繋がりやすい点が嬉しいですね。

保育士

「保活」をしたママさんなら痛いほどよくわかる人材不足な資格の保育士。待機児童問題が解消されないと言われる現状をみても保育士不足は明らかでしょう。専業主婦が今は「憧れの職種」になるくらい働くママさんが増えているため、これからも需要は増加すると考えられます。

社会福祉士

高齢者や身体障害者など福祉サービスを必要とする人たちからの相談を受け、アドバイスや指導などの援助を行える資格です。職場も老人ホームや在宅介護支援センター、病院、児童福祉施設、身体障害者療護施設など全国各地に幅広くかつ多くあります。採用時にも資格手当がプラスされたり正社員で雇用される場合が多く、また介護業界でも同様に有利に働く資格です。他にも介護系の資格ですと、介護職員初任者研修や介護支援専門員(ケアマネジャー)などもあります。こちらも離職率は高めですが需要は今後も安定して高いと予想されるので就職に繋がりやすい資格でしょう。

高齢化社会×医療=リハビリテーションの仕事に関わる資格


理学療法士

病気や事故などで身体に障害や不自由さを抱える人や、身体機能が衰えた高齢者などに対しリハビリテーションを行い、運動能力の回復を援助する資格です。理学療法士の代表的な勤務先は病院もしくは福祉施設ですが、勤務先によって給料や待遇が変わってきます規模の大きな病院は比較的待遇が良いです。高齢者が増え、リハビリを必要とする人が増えている現代の日本では、理学療法士の地位がますます高まっている将来的にも有望な資格といえるでしょう。

作業療法士

病気や事故などで身体に障害や不自由さを抱える人に対して、医師の指導の下でリハビリテーションを行い、日常生活に必要な能力を高める訓練や指導を行う仕事です。理学療法士と似ていますが、「座る」「立つ」など身体の基本的な機能回復をサポートする理学療法士に対し、作業療法士は手芸や工芸などより細かな動作のリハビリを行います。

言語聴覚士

言語機能、摂食・嚥下機能、聴覚などに障害がある人に、言語訓練などを指導し、言葉のリハビリをする資格です。非常勤やパートを募集しているケースも増えており、結婚・出産後も働きやすい資格といえるでしょう。乳幼児から高齢者まで言語聴覚士のリハビリテーション必要とする人は多くいます。高齢化社会が進む中、高い専門知識と技術を持った言語聴覚士の需要はさらに高まっていくでしょう。また、コミュニケーションをとりながら患者さんの不安を和らげることも大事な仕事になるので、気配りのできる女性にとっても活躍しやすい職業のひとつだと言えます。

まとめ

生活の安定を考えると資格取得は有力な手段。やはり普遍的にニーズがある医療業界の資格は強いでしょう。これからますます需要が増えると予想される福祉や保育業界の資格も有望です。そんな医療業界と福祉業界のハイブリットであるリハビリテーション。需要が高まる中有力な資格といえるのではないでしょうか。

関連記事リンク(外部サイト)

400人のクチコミからわかる!転職にも効く!取ってよかった資格ランキング【営業職編】
持ってて良かった!職場で重宝されるそんな資格14選
400人の口コミからわかる!転職にも効く!取ってよかった資格ランキング【事務職編】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP