ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出るようになって嬉しいけど、今度は詰まる!母乳トラブルの原因は◯◯不足と甘いもの

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:akasuguope03:20150920161226j:plain

予定日に女の子の赤ちゃんを出産しました。

産院に入院中はなかなかおっぱいが出なくて困っていましたが、退院後には沢山出るようになりました。

沢山出るようになると、赤ちゃんにお腹一杯飲ませられるので嬉しかったのですが、乳腺炎になりかけてしまいました。

原因は多分食生活と家事の忙しさから、あまり水分を取らなかったからだと思います。

看護師さんにも、

「母乳をあげるときは油っぽいものや甘いものはなるべく避けて、和食を心がけて」

と言われていたのですが、母乳をあげているといつもよりもお腹が空いて、甘いものがどうしても食べたくなります。

慣れない育児でヘトヘトになっていたので、家事の合間にドーナツやケーキなどを沢山食べていました。

思えばそれがストレス解消になっていたのだと思います。

夏の暑い日にあまり水分を取らずに買い物に行き、帰宅しておっぱいをあげようとしました。

右のおっぱいをあげているときに連動して、いつも左のおっぱいもチリチリっと痛くなりおっぱいが滴り落ちてくるのですがこの日はそうなりませんでした。

その代わりにチクチクっと痛くなってきました。

なんだろうと思って左のおっぱいを触ってみると、乳腺の2箇所か詰まって固くなっていました。

びっくりして赤ちゃんに詰まりをとってもらおうと吸ってもらいましたが、1箇所だけがどうしても詰まったままでした。

しばらくしてまたおっぱいをあげる時間になり、今度こそは詰まりを無くそうと思っていましたが赤ちゃんはそこを避けるようにして吸ってくれませんでした。

詰まっている乳腺におっぱいが追加して溜まっていき激痛になりました。

触ってみると熱を持ったようになっていてカチカチです。

腕をあげても触っても痛かったです。

今までの自分を深く反省して自業自得なんだと悲しくなり涙が出ました。

インターネットでどうしたらいいのかを調べてみると、乳首の先の詰まりを出してあげると治る(詰まっているのはほとんど乳首が多い)と書かれていたので、早速やってみました。

乳首を指で広げていって観察してみると、確かに詰まっている乳腺側に白い粒が見えました。

その白い粒こそが詰まりの原因でした。

痛かったですが我慢して指で少しずつ押し出して取りました。

するとピューっと今までつまっていた母乳が出てきて、一気におっぱいが軽くなりました。

食事をこの日から改善しましたが、やはり甘いものはなかなかやめられず、おっぱいの詰まりは繰り返してしまいました。

f:id:akasuguope02:20160227013415j:plain

著者:satimomoka

年齢:27歳

子どもの年齢:1歳4カ月

小さな頃からお母さんになることに憧れていました。25歳で結婚してすぐに妊娠して出産しました。私に似た食べることが大好きな女の子です。趣味は料理とお菓子作りとパン作りです。よろしくお願いします

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

貧乳だけど…乳腺炎にも義母のミルク攻撃にもめげず、3人育て上げた私のおっぱい
ママのおっぱいよりもミルクがいいの?「できれば完母で」とこだわってしまう母心
何が何でも母乳!と思っていたけれど…子どもの表情に気づかされた、本当に大事なこと

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。