体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリンピックレガシーとは?東京マラソン財団が考える「未来に遺すべきもの」

f:id:tyo-press:20160223095146j:plain

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を4年後に控えた今、オリンピックがその後の世の中に遺す“オリンピック・レガシー”について、議論されることが増えています。

英語のLEGACYとは、本来「遺産(後世に残るもの)」を意味し、ポジティブ・ネガティブいずれの意味も含むもの。しかし、2020年東京オリンピック・パラリンピックの“オリンピック・レガシー”については、新国立競技場建設をめぐる混乱や、巨額の税金投入に対する是非についてなど、ネガティブな文脈で語られることが多く、負のイメージがつきまとっていることが否めません。

そんななか、昨年“スポーツが後世に遺せるものは何か”について考え、実践する「スポーツレガシー事業」を立ち上げたのが、東京マラソンを運営する東京マラソン財団です。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックをひとつの“通過点”と捉え、真の“スポーツレガシー”を築いていこうと邁進する東京マラソン財団の取り組みとは? スポーツレガシー事業運営委員長でもあり東京マラソン財団事業担当局長・レースディレクターの早野忠昭さんに話を聞きました。

次の10年に向けてスタートを切る東京マラソン

——東京マラソンは2016年2月28日の開催で、10回目を迎えますね。

はい。東京マラソンはこの10年の間に、マラソン版「グランドスラム」である「アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)」にも2013大会から加入し、世界の最高峰の競技大会と肩を並べられるまでに成長してきました。

そして今年、第10回大会の開催にあたり、新しくやってくる次の10年を見据えて、ロゴを刷新しました。今までは1人の人が走っている姿をかたどったものでしたが、「東京がひとつになる日。The Day We Unite.」というコンセプトを表現したデザインにしたのです。

f:id:kensukesuzuki:20160224100740j:plain

(C)東京マラソン財団

東京マラソンを構成するのは、世界のトップアスリートとともに走る市民ランナーの「走る喜び」、寒いなかランナーを各所でサポートするボランティアの「支える誇り」、懸命に走るランナーに声が枯れるまで声援を送る人の「応援する楽しみ」。そんな一人一人のドラマが交錯する様子を俯瞰してみると、カラフルなタペストリーみたいで綺麗だね、と。 そうした思いから、カラフルなタペストリーをモチーフにした今回のロゴが出来上がりました。

f:id:tyo-press:20160223095259j:plain

——東京マラソンでは今年から、車いすマラソンレースを国際パラリンピック委員会の公認大会として開催することになり、パラリンピックに出場するための公式記録が取得できる大会となるのだそうですね。

ええ。日本でパラリンピックが注目されはじめた機を捉えて、車いすレースの注目度を上げて、ひとつの文化に格上げができるようなサポートを東京マラソンでもしていきたいと考えています。

f:id:tyo-press:20160223101000j:plain

(C)東京マラソン財団

——車いすで走れる環境を整えることは難しくないのでしょうか?

今回、車いすレースディレクターに就いてもらった副島正純選手は世界中の大会に出ているのですが、彼いわく、「東京の道はとにかくきれいで走りやすい」と。海外の選手もその噂を聞いて、早く東京の素晴らしい道を走ってみたいと言ってくれているみたいです。

——海外の方に喜んでもらえるのは、日本人としても嬉しいことですね。

今、世界の中で日本が注目を浴びている時でもあるので、僕らも東京マラソンを通じて、日本の良さを伝えていきたいです。

実は、「東京マラソンウィーク」と言って、開催日の約一か月前から、都市をあげて国内外の参加ランナーを含め、ボランティアが観戦者をおもてなしするプログラムを2011年から始めていたり、海外のランナーと交流できるファンランイベント「フレンドシップラン」も2012年からやっていたりしています。このように、“おもてなし”の心で全方位網的なマーケティング施策を打ち出してきたことが、今の人気に結びついてきているのだと思っています。

負の遺産にしないための鍵は“関与度”

——2020年の東京オリンピック開催を終えたあと、日本社会に閉塞感や喪失感といったネガティブな雰囲気や、無用になった箱物のような負の遺産が遺される“アフターオリンピック問題”が指摘されています。一方、東京マラソン財団ではスポーツを正の遺産にする“スポーツレガシー事業”を行っているようですね。これはアフターオリンピック問題を危惧されてのことなのでしょうか?

そうですね。僕らが見ているのは、“ポスト2020”です。 オリンピックで大騒ぎしたあと、社会が嵐の去った枯れ野原みたいになってしまうのではないかと。

2020年を過ぎると、おそらくオリンピック景気は収束して、人もお金も集められなくなるし、スポーツに関するビジネスもやりにくくなるでしょう。そんななかでもスポーツレガシー、つまりスポーツに関わる正の遺産を今から継続的に蓄積しておくことで、ポスト2020でも東京マラソンはずっと魅力的なものであり続けられるという思いでやっています。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。