体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

聞き取れないのは周波数のせい?英語のリスニング力を高める「ながら学習」

f:id:k_kushida:20160224184441j:plain

英語を習得しようと思うと「ノートを買って毎日勉強しないと」「文法からやり直そう」など、ついつい学校の勉強のように学習しようという意識が働いてしまうのが生真面目な日本人の性。

ただこうしてまじめに勉強しているのに、なぜかいざ実際に急に英語で道を尋ねられたりした際に、相手の言っていることが理解できなかったという経験はありませんか?

知識以前に必要なのは、耳のトレーニング

f:id:k_kushida:20160224184659j:plain

書き起こすと全部わかるのに、なぜか聞き取れない

英語で会話をしているとき、相手の言ったことがどうしても聞き取れなかったのに、ひとつひとつの単語を書き起こしていくと何ら難しいことはなかった、なんてことありませんか?

これは自分で勉強しているときに想像している発音やスピードと、実際の発音・スピードとのあいだにギャップがあるからです。そして、このギャップはいくら勉強をして知識を詰め込んでも埋まりません。実際にリスニング経験を積み、耳を慣らすことが必要です。

英語は頭ではなく、身体で習得する

例えばダンスを例に考えてみましょう。ダンスの動きをひとつひとつ覚え、体のどの部分をどう動かせばそうなるかを完璧に理解しているからといって、実際にそのダンスを完璧に踊れるのでしょうか?

「このタイミングで足をこうして、腕はこっちに持ってきて、この時に姿勢が曲がらないように気をつけて・・・」などと考えているうちにタイミングを逃してしまうでしょう。

これは先ほどの「文字に書き起こすと全部理解できるのに、なぜか聞き取れない」という状態に似ています。原理や理屈はわかっているのに、身体が対応できていない状態です。

そもそも日本語に存在しない音に慣れる必要がある

“L”と”R”や”TH”などが代表例ですが、英語には日本語には本来ない音がたくさんあります。しかし、実は多くの日本人が一番聞き取れていないのは母音の違いです。

日本語には「あ・い・う・え・お」の5つの母音しか存在しません。「でもそれはa, e, i, o, uしかない英語も同じじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、実は英語には20近くの母音があると言われています。

また、これらの母音の違いは日本語では表記しづらく、実際に聞いてみないことには正しい発音が理解できません。

例えば”bus(バス=乗り物)”と”bass(バス=魚)”は日本語では全く同じ表記になりますが、音に明確な違いがあります。まずはこれらの母音の違いに慣れる必要があります。

日本人が英語を聞き取れないのは周波数のせい?

ロンドン大学やNTTコミュニケーションズなどが共同で発表した研究によると、日本語と英語では音の周波数が違い、日本語は1500ヘルツ以下なのに対し、英語は2000ヘルツ以上を使っています。例えば時報でいうと、最初の「ピッ」という音は440ヘルツ、「ポーン」という音は880ヘルツですので、440ヘルツの音の違いでもあれだけの音域の差が出ます。一見ただ周波数が違うだけで大した問題ではなさそうにも思えますが、実は日本語の周波数に慣れている日本人の耳は2000ヘルツ以上の周波数を”雑音”として処理するようにできています。

周波数の違う言語を意味のある言葉として捉えられるようになるまでには、まず耳が英語の周波数に慣れる必要があります。これは150キロ近い球を打つために野球選手たちが動体視力を鍛えるのと同じで、知識や技術以前に身体をトレーニングする必要があるということです。

周波数に慣れると、言葉が自然と浮かんでくる

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。