ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レバー全開が「強火」は間違い!? 意外と知らない火加減の目安

DATE:
  • ガジェット通信を≫

料理番組やレシピ本、このサイトにも当たり前のように出てくる「強火」「中火」「弱火」といった火加減。意外と多くの人が「なんとなく」で調整しているのではないでしょうか。もちろん料理に慣れている人は「なんとなく」で失敗せずに上手に料理ができるのですが、普段あまり料理をしないという人は「中火っていうけど、どのくらいの火加減が中火なの!?」という基本的なところでつまづいてしまうこともあります。

レバー全開=強火じゃない

ありがちな間違いは、ガスコンロのレバーを全開するのが「強火」、逆にレバーをギリギリまで絞って炎が消える直前の状態が「弱火」、その中間ぐらいが「中火」というものです。では、それぞれ正しい火加減はどのくらいなのでしょうか。今回はこの火加減の目安について紹介します。

強火

「強火」とは鍋やフランパンの底全体に炎がしっかりと勢いよく当たっている状態のこと。ガスコンロのレバーを全開にする必要はありません。横にまで炎が回っているようなら強すぎで、そこまで炎を大きくしてしまうと食材が焦げやすくなってしまいます。

中火

鍋やフライパンの底に炎の先端がスレスレで触れている状態です。この火加減を「弱火」だと思っている人も多いようです。

弱火

炎が出てくるガスコンロの穴と鍋やフライパンの底のほぼ中間に炎の先端がある状態。

とろ火

「弱火」よりもさらに弱い状態で、消えそうで消えない程度の炎の大きさ。

ちゃんと火加減を覚えることで「強火っていうから火を強くしたのに焦げちゃった」なんていう失敗もなくなるでしょうし、省エネルギーにもつながります。料理に合った火加減を覚えるようにしましょう。

おすすめのレシピ

回鍋肉炒飯のレシピ | 料理サプリ

空心菜とじゃこの塩炒めのレシピ | 料理サプリ

白菜とひき肉のミルフィーユ仕立てのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

脱マンネリ! いつもの味噌汁をグレードアップさせる4つの工夫
もうダマにしない! とろ~りなめらかな「そぼろあん」作りのコツ
料理にピリッと刺激をくれるマスタードの使いこなしテク

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP