ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

果物の切り口を入れちゃダメ!? ジュースのパッケージに隠された意味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みんな大好きなジュース。無果汁のものから果汁100パーセントのものまで、ジュースに使われている果汁の割合は商品によってさまざまです。

様々な商品があるジュースですが、果汁の割合によって、パッケージに使えるイラストや写真が変わることを知っていましたか?

果実のスライス写真、使えるのは果汁100%だけ!

例えば、果実のスライスや果汁のしずく、果肉などのイラストや写真は、果汁100パーセントのジュースのパッケージにしか使えません。これは公正取引委員会による「果実飲料等に関する公正競争規約」に定められているルールです。果汁や果実を使っていない清涼飲料水でもパッケージにこうしたイラストや写真を使うと、消費者に果汁や果肉が入っているような連想をさせてしまうので禁止されているのです。また果汁5~100パーセント未満のものについては、パッケージに果実表面のリアルなイラストを使ってもかまいませんが、スライスした断面や果汁のしずくはNGになります。そして、果汁5パーセント未満のものは果実のリアルなイラストを使うことすらできません。この場合、抽象的に図案化したイラストのみがパッケージに使用できます。

「ジュース」と名乗れるのも果汁100%だけ!

また、日本では習慣的にソフトドリンク全般を「ジュース」と呼ぶことが多いですが、実は同じ規約によって「ジュース」という表記も実は果汁100パーセントの果実飲料にしか使えないことになっています(トマトジュースの場合は食塩のみ添加することが認められています)。果汁10パーセントから100パーセント未満の飲料は「○○パーセント××果汁入り飲料」という表示になって「果実入り飲料」に分類されますが、無果汁から果汁10パーセント未満の飲料は「果実入り飲料」ではなく「清涼飲料水」などに分類されます。

普段、パッケージのイラストや表示を注意してみることは少ないでしょうが、機会があったら確認してみてください。

おすすめのレシピ

大人のグレープフルーツジュースのレシピ | 料理サプリ

濃厚!ごちそうバナナジュースのレシピ | 料理サプリ

昔なつかしミックスジュースのレシピ | 料理サプリ

関連記事リンク(外部サイト)

関東と関西で姿が変わる!? 「きつね」と「たぬき」
握り寿司が2つでワンセットになったわけ
れんこんに穴がボコボコ空いている理由

カテゴリー : グルメ タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP