体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ネスカフェ ドルチェ グスト 宇治抹茶』が美味/本格抹茶が10秒で味わえるカプセル型!

45-12

『ネスカフェ ドルチェ グスト』は専用カプセルを用いて淹れたてのコーヒーが楽しめるコーヒーマシン。その『ネスカフェ ドルチェ グスト』で本格的な抹茶を作ることが出来る専用カプセル『宇治抹茶』が2月1日より発売されている。期間限定で発売されている『宇治抹茶』だが、早くも大人気となっているようだ。コーヒーマシンで、本格的な抹茶を楽しむとは一体どういうことなのか?実際に味わってみたのでご紹介しよう。

カプセル式本格カフェシステム『ネスカフェ ドルチェ グスト』とは?

45-1

ネスレが発売するカプセル式本格カフェシステム『ネスカフェ ドルチェ グスト』は、世界70カ国以上で展開しており、累計販売台数は3,000万台を突破(2016年1月現在)。専用カプセルは、酸素を抜いた特許技術の5層構造となっており、その中に豆が密封されている。

 

光、空気、湿気から守ることで酸化を防止。それにより挽きたての美味しさを楽しめる。ポンプの圧力は本格カフェ並みの最大15気圧。鮮度の良い豆を高圧で抽出するとキメ細かいクレマ(泡)が出来るのだが、それを実現。カプセルをセットするだけで、数十秒で抽出出来てしまうスピードとお手入れの簡単さが特徴だ。

 

カプセルの種類も豊富でブラックコーヒーだけで8種類。 カプチーノ、ラテマキアート、チョコチーノ、ティーラテなど、コーヒー以外のメニューも充実。 現在、全部で14種類のカフェメニューがある。リビングやダイニングのインテリアとして置いておけるスタイリッシュなデザインも人気。マシンも数種類のラインナップがあり、今回は操作性抜群のオートストップ型「ジェニオ2(型番:MD9771)」(ネスレ通販限定モデル)を使って検証していく。

45-3

本体の大きさは、幅16.5cm 高さ29.6cm 奥行25.7cm。重さは2.7kg。給水タンクの容量は1リットル。

抹茶ブームの中、世界初の『宇治抹茶』カプセル登場!

45-4

注目を集めている世界初の『宇治抹茶』カプセル。日本の伝統茶である抹茶。本格的に点てるとなると、茶道の作法や茶道具が必要となってくる。抹茶は好きだけど、個人で本格的に味わうのには「ちょっと面倒だな…」と思っている人も多いのではないだろうか。そんな抹茶が、ついに本格的で簡単に、しかもコーヒーマシンで作れるようになったのだ。

 

その味わいは茶せんで点てる伝統的な抹茶と同等の味わいを実現しているという。茶葉は名産地である宇治の抹茶を100%使用。同システムのカプセル特許技術により、劣化しやすい繊細な抹茶の品質・鮮度をもちろん保っている。

本格的な抹茶をわずか10秒で!

45-5

それでは早速『宇治抹茶』を作ってみよう。本体は使用前にすすぎ済み。

45-8
1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。