ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『The Healthy Back Bag(ヘルシーバックバッグ)BIG BAG』背中を労わる機能バッグの大本命を試す

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IMG_5708

重い荷物を毎日バッグで運んでいると背中〜腰が痛くなる。ひいては全身のバランスが崩れて結構深刻な問題になる。そう、バッグ問題は健康的な肉体を保つために非常に大事。株式会社クロンティップ(東京都豊島区)『The Healthy Back Bag(ヘルシーバックバッグ)』はそんな痛みやすい人間の体を保護してくれるバッグだ。

荷物を詰めたバッグと人体の距離次第で肉体は傷つけられる

例えば古くからのアメリカインディアンに言わせると、片手に思いアタッシェケースを持って現れた欧米人を見ると「お前は身体を壊す気か!?」と大真面目に聞かれるんだそう。ずっしりとしたバッグを片手に持つと背骨がズレて不調を生むというのを、それはもう大昔から知っているのである。

IMG_5619
なのでアメリカインディアンのオススメは最低限でもリュックタイプ。さらに記者の経験を加味するなら、角ばった硬い素材のショルダーバッグはさらに危険だ。それは遠心力の問題でもある。

人間がバッグを持って歩く時、荷物もそれに伴い動く。その時、硬いバッグは体にあたり、跳ね返る動作を繰り返すことになる。本来のカバンの重さ以上のG(重力)を生んでしまい、重さを増幅させてしまうのだ。こちらは古武道系の体の使い方でも言われていること。スーパーのレジ袋もぶらぶらさせて歩けば、その遠心力によって生まれる重力ごと負担がかかることになるのだ。

IMG_5654
そうした荷物プラスアルファの重みを解決してくれるのが『The Healthy Back Bag(ヘルシーバックバッグ)BIG BAG』(H40×W33×D21cm・希望小売価格 税抜14,000円・発売中)。文字通り背中に優しいのだが、それは背中のR(丸み)に沿ったフォルムにある。GだのRだのうるさくてすみません。

IMG_5715
もちろん背中全体に張り付くリュックタイプのバッグも肉体への負担は少ないのだが、ちょっと荷物を出すときにわざわざ背中から外して取り出さなければならないのが煩わしい(結局片方のショルダーだけで引っ掛けて使用している人も多い)。

 

ショルダーバッグは取り出しやすいが、その分前述の通り体のバランスが崩れる。取り出しやすく、それでいて肉体に負担のかからないものはないか…、あった、この『The Healthy Back Bag(ヘルシーバックバッグ)BIG BAG』だ! という流れだ。この『The Healthy Back Bag(ヘルシーバックバッグ)BIG BAG』ならいとも簡単に前方移動可能だ。

 

実際に使用してみるとわかるが、紐の長さをうまく調整すると、実に見事に背中のRに寄り添うようにバッグがすっと収まる。ショルダーバッグなのではあるけれど、カバン重量を背中全体で支えるイメージだ。このフィット感はカバンに懐かれているような非常に新鮮な感動。確かにこれなら負担が分散される分、体のバランスが崩しにくいと思う。ただちょっと気になったのは女性や脂肪の豊富な男性がしっかり背負うと胸の間を分割するいわゆるパイクロス状態になってしまい、多少気になるかもしれない。紐を緩めれば目立たないが、背中への優しさは半減してしまう。

 

と、ここまで絶賛しておいて何だが、この仕組みは利点であり、弱点でもある。というのも今の季節なら何の問題もないが、夏場は確実に暑いし、蒸れるはず。涼しい〜寒い季節は最強だが、夏場だけはちょっと使用を考えてしまうはず。

圧倒的な17ポケットであらゆるものを出しやすく収納する!

IMG_5622

その他のカバンの機能は大充実。素材は防滴テクスチャードナイロンを使用し、汚れたら丸洗いができるのがうれしい。ポケット総数17個というのも、ただ多いわけではなくて、中身が見えやすいメッシュになっている部分、大雑把に入れるためのオープンポケット、財布などの貴重品を収めるのに適したジッパー付きアウターポケット、仕分けに便利なポケット内ポケットなどなど数え切れないほど用途別に使い分けられる機能収納が目白押し。

IMG_5636
さらにはキーリングやクッション付きのボトルポケットなど、ペットボトル必須の現代生活に見事に対応している。ここはメガネ入れや折りたたみ傘入れにしても便利だろう。

IMG_5650

さらにコンパクトな揃いのカラーのポーチ付きでもある。

IMG_5673

カラーリングはカラフルな5色展開。

colorbig_bag4

まさに至れり尽くせりの高機能バッグ。ほとんどすべての荷物を運ぶ人に適しているバッグだが、中でも乳幼児を携えたママバッグとしての機能にぴったりなのではないか。オムツからペットボトル/哺乳瓶までしっかり持ち歩ける高機能の『The Healthy Back Bag(ヘルシーバックバッグ)BIG BAG』、乳幼児を抱えあげるだけですでに負担を強いられているママの背中〜腰を優しく守ってくれるはず。

IMG_5645
ちなみにこのNY発の『The Healthy Back Bag(ヘルシーバックバッグ)BIG BAG』、ショルダーバッグやリュックの片方がけを繰り返しているうちに本当に背中をやってしまい、手術をした人。
そこで医者やカイロプラクティックの施術者と共に背中に負担をかけない究極のバッグを作り出したんだとか。現在ではこの『The Healthy Back Bag』シリーズは世界22か国で販売されるほど人気となった。

textured_nylon1

ちなみに同じシリーズで小ぶりな『TEXTURED NYLON』(Sサイズ H43×W23×D15cm・希望小売価格 税抜11,000円/Mサイズ・ H49×W28×D18cm・希望小売価格 税抜13,000円・発売中)などのバリエーションも多数存在する。

ヘルシーバックバッグ ビッグバッグ 44315 Lサイズ ブラック
ヘルシーバックバッグ ビッグバッグ 44315 Lサイズ ブラック


ヘルシーバックバッグ ビッグバッグ 44315 Lサイズ プラム
ヘルシーバックバッグ ビッグバッグ 44315 Lサイズ プラム


HEALTHY BACK BAG(ヘルシーバックバッグ)  バッグレット テクスチャードナイロン (シトロン)
HEALTHY BACK BAG(ヘルシーバックバッグ) バッグレット テクスチャードナイロン (シトロン)

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。