体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【記録】タイからミャンマーに日帰りで「徒歩入国」してみた / 前編

m12

タイの田舎町メーサイは、首都バンコクから飛行機とバスを乗り継いで2時間30分~3時間ほどの場所にある辺境の地です。バンコクから高速バスでもいけますが、13時間以上の長い旅になります。メーサイはとても地方色が豊かな町で、すぐ隣がミャンマーということもあり、ミャンマーの文化も入ってきています。

・普段はいたって平和な地域
今回は、メーサイの町から国境を越えてミャンマーに徒歩入国してみることにしました。メーサイから国境を越えると、そこはミャンマーの田舎町タチレク。治安的にはどうなのか? ミャンマー軍がタイ側にミサイル弾を撃ち込んだり、麻薬密売組織との銃撃戦が発生したこともありますが、普段はいたって平和な地域です。ただし、ミャンマーとタイの情勢が悪くなった場合、まっさきに火が噴くのはここです。

m22 m20 m19 m18 m17 m16

・お坊さんの活動が盛ん
メーサイはとても小さな町で、大きなメインストリートの周囲に住宅や商店、寺院があります。メインストリートの先には国境があり、そのままミャンマーへと繋がっています。メーサイの町に入ると、お坊さんがたくさんいることに気が付きます。ミャンマーやラオスはタイ以上にお坊さんが歩いているため、その影響もあり、お坊さんの活動が盛んです。

・ビザがなくともミャンマーに入国可能
メーサイの町を歩いていると、バンコクとは違った文化、たとえば衣装や言葉の違いがあるのがわかります。特に寺院が多いので、いくつかまわってみるのもメーサイ観光の楽しみ方です。そんな風情ある町を進んでいくと、国境のイミグレーションオフィスがあります。日本人の場合、ミャンマーはビザがないと出入国できませんが、ここだけは特区。日帰り出入国に限り、ビザがなくともミャンマー側に入ることができるのです。

m28 m29 m27 m26
1 2次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会