ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現地人もあまり行かない中国の温泉に行ってみた / 中国丹東市

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の辺境ともいうべき地方都市、丹東市。ここは北朝鮮との国境がある場所として知られており、北朝鮮の最高指導者が中国を訪問する際、陸路で丹東市から中国に入るのは有名な話だ。そんな丹東市は、実は温泉が複数ある地域としても知られている。

・気になったので温泉に行ってみる
なぜならば、ここはかつて日本軍に占領された地であり、保養地として温泉が掘られていたからだ。しかし中国真はあまり温泉に入らないようで、丹東市を訪れる現地人も北朝鮮にばかり注目してしまうため、温泉に行こうとする人はとても少ないという。あまり人がいかない? 逆に興味がわいてきた。気になったので温泉に行ってみることにした。

・廃墟っぽいが人はいる
丹東市の歩行者に温泉の場所を聞いたところ、複数あるらしいのだが、一番近いところを教えてもらった。丹東市の駅前からローカルバスに乗り、揺られること数十分。到着したのは、正直、廃墟のようにも見える建物の前だった。門をくぐると、そこには枯れた噴水があった……。まさに廃墟。しかし人の気配があるため、営業中なのは確かである。

・浴槽をビニールでコーティング
中に入ると、誰もいない……。大声で人を読んだところ、おばちゃんが一人出てきた。温泉に入りたいことを告げたところ、真っ暗な通路を通過して個室へ。えっ!? 見た感じ、普通の浴槽なのだが……。どうやら温泉と水道の蛇口が直結しているらしく、蛇口をひねってドバドバとお湯を出しはじめた。浴槽を傷めないためか、ビニールでコーティングしてから! なんか異様な感じである。

・冬の中国で冷えた体を癒やす
個室はいろいろと怪しい雰囲気。本当に温泉なのだろうか? と疑問に思いつつも、じっくりと湯船に浸かって温まり、冬の中国で冷えた体を癒やしていく。もっと情緒ある温泉だと思っていたが、まあ、ここには二度と来ないかもしれない(笑)。次回はもっと日本っぽい温泉に入りたいものである。

ちなみに、丹東市へは日本から比較的簡単にいくことができる。北京まで飛行機で移動し、瀋陽まで新幹線で移動、そこからローカルバスで2時間で丹東市まで行ける。たまには、いつもとは違う地方都市をまわってみるのも楽しいものである。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2016/02/22/china-onsen/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP