ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モンゴルの寺院に行ってみよう / 壮大な大地でチベット仏教を垣間見る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モンゴルのイメージといえば、どんなものを思い浮かべるでしょうか? 広大な草原、モンゴル特有の住居ゲル、朝青龍、さまざまなイメージがあるかと思いますが、実はチベット仏教の盛んな国でもあるのです。

・異文化を知ることができる
実はモンゴルからチベットのラサの地域にかけて、広大なチベット仏教の流れが「横長」にできているのです。モンゴルの首都ウランバートルに行けば、チベット仏教の寺院がいくつかあります。一般人や観光客も寺院の敷地内に入ることができるので、気軽によってみると異文化を知ることができますよ。

・小さなお坊さんの卵たち
チベットでも有名なマニマニ(経文が入った筒)もありますし、回すこともことも可能です。英語またはロシア語、モンゴル語ができるのであれば、お坊さんと会話をすることもできます。小さなお坊さんの卵たちも敷地内で遊んでいて、のどかな時間が流れています。

・30日間の滞在ならビザは必要ない
モンゴルの首都ウランバートルへは、飛行機で気軽に行くことができます。30日間の滞在であればビザは必要ないので、その点も楽で良いですね。北京から鉄道で行くことも可能ですが、その場合、寝台列車で1泊2日の旅となります。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2016/02/25/tibet-mongolia/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP