ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「おしえて!ギャル子ちゃん」は画面の向こうからギャルの体温が伝わる神アニメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アニメ「おしえて!ギャル子ちゃん」キービジュアル

現在、TOKYO MXほかで好評放送中のアニメ「おしえて!ギャル子ちゃん」のBlu-ray(全2巻)の発売が決定した。初回版には原作者である鈴木健也が描き下ろしたスペシャルアウターケースやオーディオドラマCDが付属する。

同作は、漫画家・鈴木健也がWEBサイト『ComicWalker』(KADOKAWA)にて連載中の人気コミックをアニメ化した作品だ。その大きな特徴は、登場人物たちが名前ではなく、「ギャル子」「オタ子」などいわゆる属性に由来したニックネームで呼ばれること。『ブレックファスト・クラブ』『ナーズの復讐』『アニマル・ハウス』など、海外の青春映画で描かれてきたスクールカーストの枠組みと日本の日常を融合した作品と言えるだろう。

その一方で、各エピソードには「巨乳の人は乳輪も大きいって本当ですか?」「若い女の子でもお尻に毛が生えるって本当ですか?」などのタイトルがつけられており、体や性についての話題が数多く登場する。

おそらく、ここでクローズアップされているのは、キャラクターの身体性だろう。名前やルックスなどの属性により記号化された登場人物に、生々しい現実の「体」を語らせることで、フィクションにリアリティが与えられている。ともすれば他者を「属性」で判断してしまいがちな我々に、他者が自分と同じ生身の人間であることを意識させてくれる『おしえて!ギャル子ちゃん』。実は意外と教育的な側面を持った作品と言えるのかも。なおBlu-ray第1巻は、4月27日(水)発売予定となっている。

コミック版より 身体性がより強調された鈴木健也による原作コミック。WEBサイト「ComicWalker」にて連載中。

コミック版イラスト メインキャラクターの三人。「オタ子」「ギャル子」「お嬢」

▼リンク
TVアニメ『おしえて!ギャル子ちゃん』公式サイト
http://galko.jp/

ComicWalker おしえて! ギャル子ちゃん
http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF00000006010000_68/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP