ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

潜入レポ『ワンダーフェスティバル 2016[冬]』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ワンダーフェスティバルのイメージキャラクター、ワンダちゃんは完売。

『ワンダーフェスティバル』は、「新世紀エヴァンゲリオン」や「FLCL」で知られるアニメーション制作会社ガイナックスの前身となったSFやアニメ関連グッズ専門店「ゼネラルプロダクツ」の主催で、1984年に開催されたのがはじまり。1992年からは、フィギュアメーカーの海洋堂が主催を引き継ぎ、現在は夏と冬の年2回開催されている。

同フェスで注目したいのが「当日版権システム」。これは、実行委員会が窓口となって開催当日・会場のみに限定した許諾を行い、同人作品が抱えがちな著作権関連の問題を解決を行う仕組み。このシステムがあるからこそ、ワンダーフェスティバルには個人製作の優れたガレージキットが集まってくる。 という訳で今回は、2月7日(日)に幕張メッセで開催された世界最大のガレージキットのコンベンション『ワンダーフェスティバル』の様子をお届け!

モデラーのオリジナル作品も醍醐味の一つ

オリジナルガレージキット、BUTCHER

ギニョール工房さんのゴジラ巨大ジオラマ。大迫力でした。

人気アニメ「ヤマノススメ」ここなちゃん。

当サイトでもおなじみの「ごちうさ」から。

ゆうきまさみの名作「究極超人あ~る」から光画部の皆さん

オリジナルキャラクター「ダヴィデ君」。

伝説的カルトコミック「国民クイズ」からK井K男。渋いチョイスです。

「装甲騎兵ボトムズ」よりキリコ・キュービィー。アイキャッチからの引用でしょうか。

会場を一通り回った後はコスプレ広場に移動。ワンダーフェスティバルは世界最大のガレージキット・イベントであると同時に、コスプレの祭典としても広く知られている。他のイベントでは禁止されている銃や剣などの「長モノ」の携行が許可されていることもあり、なかなか華やかだ。今回はちょっと変わり種のコスプレイヤーさんたちをご紹介。

「究極超人あ~る」から主人公R・田中一郎。「ロボットじゃないよアンドロイドだよ」

「攻殻機動隊」のバトー。ガトリングガンが回転するギミックがかっこいい!

「閃乱カグラ」の雲雀。

カオナシさんもご満悦の様子。写真の掲載許可をお願いすると快諾いただいたばかりか飴を頂きました。

仮面ライダーとショッカーの皆さん。ブラック将軍とライダーが談笑する光景も。

大人気ゲーム「minecraft」のクリーパー。

サンリオのキャラクター「KIRIMIちゃん.」

SWシリーズからチューバッカ。写真では伝わりにくいのですが、ものすごく大きい!当日はメンテナンス不足で枝毛を気にされていたとの事。

ジブリアニメ「紅の豚」からポルコ・ロッソ。

きぐるみエヴァ2号機はビーストモード。かわいいですね。

次回は2016年7月24日開催とのことです。笑顔で撮影を快諾してくれた出店ディーラー様およびコスプレイヤーの皆様、ありがとうございました!

▼リンク
Wonder Festival
http://wf.kaiyodo.net/

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP