ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】北海道の距離を理解してない人が多すぎて北海道民が困惑「いま旭川にいるの? じゃあ札幌で遊ぼうぜ!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「北海道はでっかいどう!」なんてギャグがあるくらい広大な北海道。しかし北海道以外に住んでいる人間は「北海道の広さ」をあまり理解していないようで、北海道民に無茶なお願いをすることがあるそうです。

・「遠くにいるのに近くにいる」と勘違い
北海道の都市と都市の距離を理解していないため、「遠くにいるのに近くにいる」と勘違いしてしまうそうなのです。北海道のジンギスカンのゆるキャラクター、ジンくんは、自身の公式Twitterで以下のような書き込みをしています。

・Twitterのコメント
道外の人「え、旭川にいるの? いま私札幌! あそぼうよ!」
道民「……うん」

・旭川と札幌が近いものと認識
旭川市と札幌市は約140~150キロキロほど離れており、鉄道でも2時間ほどかかります。しかし北海道以外の人間は旭川と札幌が近いものと認識してしまっているようで、「なんだ近くにいるじゃん。遊ぼうぜ!!」という展開があるのだとか。140キロの距離を他の地域に照らし合わせてみましょう。

・約140~150キロの区間
東京都~静岡県富士市
東京都~栃木県日光市
東京都~群馬県沼田市
東京都~茨城県日立市
東京都~山梨県北杜市
大阪府~三重県四日市市
大阪府~京都府宮津市
大阪府~徳島県徳島市
大阪府~岡山県備前市
広島県~岡山県倉敷市
広島県~山口県宇部市
福岡県~長崎県長崎市
福岡県~大分県別府市

・距離を理解することが重要
こうしてみると、旭川と札幌が「かなり離れている地域」なのが理解できます。北海道を旅行する際、距離を理解することが、旅をスムーズに進めるために重要なことといえるかもしれません。

https://youtu.be/OREfUxJC92I

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/02/27/hokkaido-dekkaido/

ジンギスカンのジンくん

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP