ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『エヴェレスト 神々の山嶺』で岡田准一さんらが挑んだ“4000m地点”ってどんな感じ? 低酸素室に入ってみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


全世界で翻訳され、大ベストセラーとなっている夢枕獏の山岳小説「神々の山嶺(いただき)」を映画化した『エヴェレスト 神々の山嶺』が、3月12日より公開となります。

本作は主演の岡田准一、阿部寛、尾野真千子らが実際に現地ネパール・エヴェレストに飛び、高度5,200M付近世界最高峰の地で
撮影を敢行した、スペクタクル感動超大作。史上初の挑戦にとり憑かれた孤高のクライマーと、登山史上最大の謎を追う若きカメラマン、2人を巡る人間関係を描きます。


先日行われた完成披露試写会にて、岡田准一さんは「エヴェレストでの撮影では、空気は約半分、気温はマイナス20度、
ギリギリの環境で命がけの撮影を敢行しました」と撮影の苦労を話し、「“血中酸素”が薄くなってしまうと撮影が続けられないので、先生のチェックを受ける直前に呼吸をたくさんして、無理矢理上げていました」と裏話を披露。それを聞いた阿部寛さんも「俺もそれやってたんだよね」とカミングアウトし、会場を沸かせました。

「血中酸素を無理矢理上げる」……。聞くだけで大変そうなのは分かりますが、経験の無い筆写としては今いちピンと来ていなかったのも確か。それはどういう状況なのか? どのくらい大変な事なのか? 都内にあるトレーニング用の「低酸素室」にお邪魔して、「4,000m地点」の空気を味わってきました。


東京都・渋谷区にある「ミウラ・ドルフィンズ」は、プロスキーヤー・登山家の三浦雄一郎さんと三浦豪太さんが設立した、アンチエイジング、 低酸素トレーニングプログラム等を行う場所。


室内には、三浦雄一郎さんが1970年にエベレスト大滑降で使用したスキー等も飾られていて、その偉大な軌跡を見る事が出来ます。


こちらの低酸素室には、エヴェレスト登山を控え、高山の空気に慣れておきたい、という方も訪れるそう。今回「ガジェット通信」では、岡田准一さんと「人間の男性である事、日本国籍である事」を共通点に持つ、“ほぼ岡田准一”なwosa記者が低酸素トレーニングにチャレンジします。

そもそも、なぜ「低酸素」がヤバいの?


実際のトレーニングの前に「ミウラ・ドルフィンズ」スタッフの安藤さんに色々とお話を伺います。


通常「100〜97%」のヘモグロビンが、私たちの体内で酸素を運んでいます。それが高所に行く事で、ヘモグロビンの数が減少、筋肉に必要な酸素を送れなくなり、運動能力が低下するのだそう。


普通の部屋で、このヘモグロビンの数を示す「動脈血酸素飽和度」を計ると「96%」という数値。「普段の生活だと、この数値が95以下だと肺の疾患の疑いがあります。90以下だと呼吸器を使わないといけないレベルです」と安藤さん。

いざ、低酸素室へ! 二日酔いの時の様なしんどい体のだるさ……


低酸素室に入ると、どんどん下がっていく数値。

ちなみに、筆者の“低酸素”のイメージは「入った瞬間脳に酸素がいかなくてクラクラする感じ」だったのですが、実際は「最初はアレ普通じゃんって思うけど、どんどん体力が蝕まれていって、10分そこそこで立っているのがしんどくなる」ってな感じ。この状態で重い荷物を持って、足場の悪い中を歩くのは相当な苦労でしょう。


wosa記者のチュン顔もいつもよりしんどそう。


実際の登山をイメージした、10kgのおもり入りのリュックを背負って、ウォーキングマシーンを稼働します。


ゆっくり歩きますが、どんどん数値が減っていきます。


「77」まで下降しました! 普段の生活で「90」をきってたら、呼吸器が必要なのに、低酸素室ではあっという間に80以下。

安藤さんのアドバイスで「ろうそくの火を消す様にふーっと息を細くはいて、はききる前に息を吸うと一気に数値が戻る」というのを試します。するとみるみるうちに数値は上昇。記事の冒頭で書いた、岡田准一さんと阿部寛さんが「血中酸素を上げる為にたくさん呼吸した」というのは、まさにこういう事なのです。


「ふぅ……、ふぅ……。しんどい。かなり疲れてきた」というwosa記者。ほんの10分程度でここまで疲れる高所の環境というのは凄まじいものです。このトレーニングの一部は動画でご覧ください。

『エヴェレスト 神々の山嶺』で岡田准一&阿部寛が挑んだ“4,000m地点”はどのくらい過酷なのか?
https://www.youtube.com/watch?v=m2z5TToCS4A


無事トレーニングを終え、低酸素室を出るwosa記者。「酸素うめえ!」

この低酸素室をこれまで利用した約7,000名の平均年齢は55歳という事で、思いのほか高い年齢層に驚きましたが、それはそのはず。そもそもエヴェレストに登るには1,000万円以上の費用が必要で、行って帰ってくるのに最低でも1週間〜10日かかるので、普通に働いている若者は行けないんですよね……。だから、エヴェレストに限らず、高い山にはお仕事をリタイアされた方が挑戦する事が多く、よってこちらでトレーニングを行う方も、というワケなのです。

ちなみに、『エヴェレスト 神々の山嶺』の岡田准一さん、阿部寛さん、尾野真千子さんは3回ずつトレーニングに来たそう。その際にはマネージャーさんも一緒。実際のエヴェレストでもマネージャーさんはついていきますが、途中でリタイアする方もいたそうです。いやあ、俳優さんはもちろん、マネージャーさんってホントに大変だなって今回の取材で強く感じました!(そこ?)

我々は低酸素室で数十分過ごしただけでこの体たらく。しかし、キャスト・スタッフの皆さんが挑んだのは本物のエヴェレスト。その迫力のストーリーと脅威の映像はぜひ、大スクリーンでお楽しみください!

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP