体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加

砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加

滞在3日目の早朝、早起きして砂漠サンライズを見に行きました。『デザートハイク』という名のついたこちらのアクティビティ、ホテル内集合が確か6時前。まだ外は真っ暗闇で月の灯りだけが煌々と煌めく中、まずは車で砂漠を行けるところまで進み、途中から徒歩で目的地まで向かうという、一見簡単そうな内容。

砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加

つーきの~砂漠を~と呑気に口ずさみながら・・・と思ったら大間違い。砂漠を歩くのってとてもしんどいんです。寝起きで体がまだ起きていないことに加え、少々甘く見ていた私はFitFlopで参加してしまい・・・

大 後 悔

ちゃんとインストラクション通りスポーツシューズで参加するべきでした。歩いても歩いても進まない。なので途中から裸足に切り替えたところ・・・夜間に一気に冷えた砂漠の砂は冷た過ぎて、歩いてるうちにどんどん足先から体温を奪われていくの。

砂漠で遭難したら身を隠すところなんてないわけですから・・・。昼は暑さ、夜間は寒さで間違いなく生き延びられないなと実感いたしました。

砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加

歩き出して10分ちょっと、もう引き返したい気分いっぱい。そんな私の後ろ向きな気持ちとは裏腹に、砂漠の風景は刻一刻と変化していき、さっきまで眩しい位の光を放っていたお月様が赤く染まり始めました。

砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加

日の出はもうすぐ、急がないと! 途中砂漠ガイドさんが珍しい植物やら、生き物の痕跡を説明して下さいました。

砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加 砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加

目的地は周辺の砂漠が一望できる高い砂丘の上。まあ、これが冗談抜きで大変、最後はもがきながら登りました(笑)。

かくしてご来光。

砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加

ひとつ残念ポイントがありまして、実は朝日が昇る方向に、人工の物(鉄塔)が幾つか見えてしまうんですね。朝日が昇る瞬間はあまりにも美しくて全然気になりませんでしたが、後でお写真を見たらバッチリ写っていたので画像処理で全部消しました。

砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加

自分達の影が砂漠に映りこむ時間、しばし皆無言で佇む。

砂漠に昇る神秘的な朝日に感動。アブダビで「デザートハイク」に参加
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。