ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1枚で何通りも! 印象自在な春のシャツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬のニットを脱いだら、春はシャツに袖を通したくなる。
シャツはかっちりした印象だけでなく、着こなし次第でいろんな表情を楽しめる応用度の高いアイテムでもあります。
今年の春は、どんなシャツの着こなしを楽しもう?

ニットレイヤードはシャツ分量多めで

A photo posted by maki (@mtmmaki) on Jan 3, 2016 at 3:03am PST

まだ寒さの残る時期は、ニットとのレイヤードスタイルを楽しむところからスタート。
あか抜けてみせるコツは、シャツの分量を気持ち多めにするということ。コンパクトなニットと合わせて、シャツの裾をペプラムっぽく出してみて。いつものシンプルなコーディネートに、レディさがプラスされます。

遊び心のある裾結びスタイリング

A photo posted by streetstyleluxe (@streetstyleluxe) on Feb 18, 2016 at 10:32am PST

裾を結ぶ、遊び心たっぷりの着こなしも楽しいですね。
下のボタンをあけて、ちょこんと裾部分を結んでみて。スタイリングのアクセントになるのはもちろん、ウエストインスタイルだとちょっとお腹に自信がない…という人にも有効。ウエストをうまく結び目でカバーしてくれます。

ベストと合わせてプレッピー風に

A photo posted by 岡部 あゆみ (@ayumi_okabe) on Jan 22, 2016 at 4:12am PST

春っぽい着こなしといえば、コレ! ベストとのレイヤードです。
プレッピーっぽい組み合わせは、カジュアル感もありつつ上品。着こなしのコツは、ベストもシャツもどちらも淡い系のカラーを選ぶということ。そうすることで幼くなりすぎず、大人っぽく着こなすことができます。

レースちらりでポイントに

A photo posted by Serendipityid (@serendipityid) on Oct 10, 2015 at 12:44am PDT

さらりと1枚で着るなら、ディテールデザインにひと工夫あるシャツをセレクト。
ひと部分がレース仕立てになっているデザインは、それだけで高インパクト。シンプルなスタイルにプラスアルファのあか抜け感をプラスしてくれます。

片方裾出しはワントーンにすると簡単

A photo posted by fashion (@15115ootd) on Feb 20, 2016 at 2:51am PST

片方の裾をワザとぺらんとアウトにするスタイリングは、気になるけれど上級者向け…。
だらしなく見せないコツは、シャツとボトムをワントーンカラーにしてしまうということ。統一感がありつつ、肩の力の抜けた大人っぽいリラクシーな雰囲気を簡単に演出でき、しかもウエストだってカバーできます。
いまから楽しみな春シャツスタイリング。今年の春は、どんなシャツを着ようかな? そんなことを考えつつ、春を待ちわびて。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
・男子は「女子の顔出しSNS」が正直しんどい
・ユーモアはパワフル。アカデミー賞授賞式をボイコットしなかったクリス・ロックから学んだこと
・東京で楽しく思考停止してる。でも、結婚したい。#新連載

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP