ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KREVAが小西真奈美のラップを「凄く良い!」とベタ褒め 音楽劇『最高はひとつじゃない』制作発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国民的ラッパーとして知られるKREVAとジャニーズの内博貴による完全新作の音楽劇「最高はひとつじゃない 2016SAKURA」の制作発表が、2月26日(金)東京・ビクターエンタテイメント株式会社にて開催された。

KREVAによる「最高はひとつじゃない」は、ラップとセリフが入り交じる音楽劇。KREVA以下、様々な分野から選ばれたキャストにより、2011年と2014年に公演が行われている。その最新版「最高はひとつじゃない2016SAKURA」で、KREVAとタッグを組むのは、ジャニーズの中にあって独自の存在感を発揮している内博貴。2人はこの舞台の中で音楽ユニット「ウチクレバ」を結成した。

制作発表に登壇したのは、主演と音楽監督を務めるKREVA、ラップ初挑戦となる内博貴、AKB48の元メンバーで前回の公演にも参加している増田有華、舞台は4年ぶりとなる女優の小西真奈美、国内外でミュージカル女優と活躍する綿引さやか、バブルガムブラザーズのブラザートムら総勢8名。

今回の舞台について尋ねられたKREVAは「最初に本読みをした時に”ヤバいくらい面白いな”って。で、その時からトムさんの自由さにヤラれてます(笑)。でも言うべき時はタイミングを外さず発言する。見習いたいですね」と先輩をリスペクト。さらに今回の舞台のために書き下ろした新曲については「今回のテーマは”桜”なのですが、散る桜をイメージしたポジティブな楽曲を作りました。また内くんとのウチクレバの為にしっかりと2人で歌えるような楽曲を作りました」と語った。
ラップに初挑戦したという内は「KREVAさんの指導のもと新鮮な気持ちで取り組んでいます。今はまだ100点満点中3点くらい。とりあえず声は出てるって言う(笑)。稽古で100点に近づけて行きたいですね」とコメント。また舞台に上がる機会が多いという増田は「ラップって、歌と違って色んな音程を自由に当てはめることが出来るんです。楽しい反面、折り合いを付けるのが難しいですね。」と心中を明かした。

「これだけ多彩なジャンルの方々とご一緒できる機会は中々ないと思いました」と出演の動機を語った小西に、KREVAが「小西さんのラップは凄く良いんですよ」と評価を贈る一幕も。とは言え、今回の制作発表で一番の存在感を発揮したのは、間違いなくブラザートムだろう。ご機嫌でジョークを飛ばし、報道陣たちを爆笑させる姿が印象的だった。 そんな個性あふれる面々が集結した「最高はひとつじゃない 2016SAKURA」。ラップがフィーチャーされた舞台ではあるが、ヒップホップが苦手な人でもしっかり楽しめる内容になるとのことだ。

今年の桜の開花予想日となっている3月25日(金)から4月3日(日)まで東京芸術劇場プレイハウスにて行われる東京公演の後、4月8日(金)から4月10日(日)まで、森ノ宮ピロティホールにて大阪公演が行われる。

【最高はひとつじゃない 2016SAKURA公演概要】
公演日程:[東京]2016年3月25日(金)~ 4月3日(日)14回公演 東京芸術劇場プレイハウス [大阪]2016年4月8日(金)~ 4月10日(日)5回公演 森ノ宮ピロティホール
スタッフ:音楽監督:KREVA 原案:町田誠也 脚本:野村昌史 / 馬場巧 演出:野村昌史 / 田村敦史 / 馬場巧 協力:ビクターエンタテイメント
一般発売:2月28日(日) お問い合わせ:サンライズプロモーション 0570-00-3337
<企画・制作・主催>エレメンツ 主催:(東京公演)エレメンツ、テレビ朝日(大阪公演)キョードー大阪、FM802

■参照リンク
オフィシャル・サイト
http://www.kreva-ongakugeki.jp/

■2月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

27歳でこの世を去ったエイミー・ワインハウスのドキュメンタリー作品『AMY エイミー』、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞
マイケル・ダグラス史上最凶の衝撃作『追撃者』公開 「これが狂った西海岸のゴードン・ゲッコーだ!」
アカデミー賞脚色賞受賞おめでとうございます!『マネー・ショート 華麗なる大逆転』脚本家チャールズ・ランドルフに直撃
KREVAが小西真奈美のラップを「凄く良い!」とベタ褒め 音楽劇『最高はひとつじゃない』制作発表
【男泣き】シュワちゃんがアカデミー助演男優賞を逃した親友シルベスター・スタローンにアツすぎるメッセージ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP