体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『嵐』が「ニャー」と言ってるニッポン観光PRビデオについて観光庁にきいてみた――「制作費についてはお答えしておりません」

『嵐』の皆さんが「観光立国ナビゲーター」として選ばれた当時の記者会見の様子

日本がここまで世界の笑いものになる例がほかにあるだろうか──人気グループ「嵐」が日本観光を呼び掛ける観光庁のキャンペーンだ。観光庁は日本を、歴史的な遺産も自然もなく、若者が君臨する国として世界に宣伝したいようだ。

こんな書き出しではじまるNewsweek誌のコラムが先月話題となりました。

『嵐がニャーと鳴く国に外国人は来たがらない』
http://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2011/08/post-375.php

コラムの寄稿者は東京在住の仏フィガロ紙記者、レジス・アルノー氏。アルノー氏はコラムでこうも書いています。

「日本はなぜ『最高の顔』で自分を売り込もうとしないのか。洗練された職人や建築家、知識人、画家、料理人ではなく、国内限定のスターを宣伝に使うなんて」

このPRビデオ、人気男性アイドルグループ『嵐』の皆さんが着飾らない感じで日本の各地を訪れている様子をうつし出しており、普通に見ている分には、よくある感じでさほど違和感がないんですが、外国人コラムニストの目にはたいへん奇妙にうつったようです。確かに、海外の人がこのビデオを見て日本に観光へ行きたくなるかといわれれば正直よくわからないところ。観光庁はなぜこのビデオを作ろうと思ったのでしょうか。

ちなみに『嵐』の皆さんは、2010年の4月に「観光立国ナビゲーター」として選ばれ、ボランティアで日本の観光アピールのお手伝いをしているとのことです(http://www.mlit.go.jp/kankocho/news01_000038.html)。昨年はアジアで人気が上昇している『嵐』の皆さんを起用して韓国・台湾・香港へ向けてのメッセージ発信もおこなわれたそう。そして今回は世界100を超えるの国と地域へ向けてのメッセージ発信ということですが、『嵐』の皆さんに「ニャー」と言ってもらうという、観光庁のとった戦略は果たして正しかったのでしょうか。それとも、アルノーさんが言うように「日本のイメージをおとしめる」ものなのでしょうか。観光庁に素朴な疑問をぶつけてみました。


■今回話題となったビデオ『Message from Japan』

観光庁へきいてみた

『嵐』の皆さんが出演するビデオに関する質問と観光庁からの回答をそのまま掲載します。

質問1

「嵐」の皆さんを「観光立国ナビゲーター」に選んだ理由は?

回答1
「嵐」の皆さんは、国内では老若男女を問わず幅広く圧倒的な人気を誇り、また海外においても中国、韓国、台湾、香港で公演の実績があり、出演されたドラマも放送されて現地で人気を呼ぶなど、ビジット・ジャパン事業の最重点市場である東アジアでは最も人気のある日本人グループの1つと伺っています。そこで、昨年4月のビジット・ジャパン事業の新キャッチフレーズ・ロゴの選定にあわせ、「尽きることのない感動に出会える国、日本」を強力にPRしていただく「観光立国ナビゲーター」として選定いたしました。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会