ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月9いつ恋「見るたびに共感より疑問が増える」と女性作家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今クールのなかでもとりわけ賛否両論が渦巻く作品、ということになるだろう。注目の月9に関して、作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 フジテレビ話題の月9ドラマ『いつかこの恋を思い出して泣いてしまう』。今をときめく有村架純と高良健吾が主役をつとめる純愛ドラマということでスタート前から注目を集め、私自身も大いに期待していた。

 物語が始まり、すでに折り返し地点にさしかかっている。「ハマる人はハマる傑作」という評判も耳にするけれど、残念ながら私の中には違和感ばかりが積み重なってきて困っている。

 この違和感、いったいどこから来ているのだろう? 以下の3つの「違和」について、考えてみた。

◆1つ目の違和──ネガティブを描くことで、主人公の正しさや清らかさを示そうとしている?

 主人公の練(高良健吾)は物語の前半、地方から上京し、引っ越し業者として働く。引っ越しの現場で盗みを働こうとするような、すさんだ職員がいる会社で。練はそうした職員からいじめられ虐げられ続けるが、酷い状況下で働き続ける。

 もう一人の主人公、音(有村架純)の環境も似ている。上京し就いた仕事は長時間労働を強いるブラックな介護現場。夜勤続き、パラハラなど過酷な労働現場に、しかし音はけなげに通い続ける。

 きつい、酷い、厳しい、悲しいといったネガティブな側面をドラマは強調する。昔のラブストーリーが、キラキラと輝く光の面に力を入れていたとすれば、このドラマは都会の貧困、生きる厳しさ辛さといった負の面に力を入れて描く。

 繰り返しいじめられ、言葉の暴力でいたぶられる練。そんな過酷な労働現場に通い続ける理由とは何なのか。アルバイトなら、いったん辞めて他の職場を選ぶこともできるのでは。少なくとも転職という選択肢について考えないのか……と、次々に吹き出してくる疑問。そうした疑問についてきちんと納得させてくれる要素を、このドラマは十分に提供してくれない。二人はゆがんだ労働現場の要求を受け入れ、苦しい日々は延々と続いていく。 

 私も様々な介護現場に取材で足を運んできたし、ボランティアで今も関わっている。もちろん現実にはブラックな職場も存在しているし、そうでない介護現場もある。では、物語の設定と描き方としては、どうなのだろうか。

「周囲を徹底的にネガティブに描くこと」によって、主人公の正しさや真面目さ、清らかさを際立たせる手法は、もはやこの複雑な時代のリアルを描き出す人間ドラマの手法として少し単純ではないだろうか?

 社会や企業が悪い。大都会・東京が悪い。だから主人公たちは苦労させられ、本来持っていたはずのピュアな心根もそのせいで折れたり消え入りそうになる……といった設定に、どこか無理はないだろうか? 

 ドラマの根底に、「もしこの社会でなかったら、もしこの環境でなかったら、彼らはもっと幸せなのに。もっと純粋に愛しあえたのに」といった否定的なイデオロギーを感じてしまう。

「悪いのは彼らではなく世の中の方」という単純なマイナス志向の発想を、ニーチェなら「ルサンチマン(恨みの感情)」と呼ぶだろう。否定的なシーンが続くと、滅入る。積極的に見続けようという気力が萎えてしまう。

◆2つ目の違和──視聴者を操作しようとする理由とは?

 物語の前半、高良健吾が演じる練が引っ越し屋をしている間は、気弱そうで純粋そうなキャラクターだった。しかし後半に入ったとたん、キャラは一変する。

 怪しげな人材派遣企業で働き、黒づくめの姿。眼光鋭く怖い表情。社会的弱者を見つけて金づるに利用する、「悪者」そのものの姿で登場。白と黒の対比。高良という役者の力は、その両方をくっきりと演じ分けるには十分だ。過去の作品『蛇にピアス』『横道世之介』『書店員ミチルの身の上話』等々で、役者としての力は証明済み。

 一人の人物の急激な豹変は、視聴者を刺激することだろう。しかし、そのあまりの落差は、疑問も生む。たった5年で人はそこまで変わるのか。

 何か重大な出来事があっての変化だと匂わせてはいるけれど、だからといって、純粋だった青年が、弱い立場の人を徹底的に利用する汚い仕事人になれるのだろうか。そもそもこの青年はそうした資質を持っていたのか。そうした人物を、純粋な女主人公が愛するというストーリーに、無理が生じないか。脚本上、キャラを無理にでも飛躍させないとこの恋愛物語は成り立たないのだろうか。また疑問が増えていく。

 過激さ、刺激を視聴者に与え、視聴者の気を惹く。大きな変化によって驚かせ、新たな場面へと関心を向かわせる操作。何を描くために、そんな方法を選ぶのだろうか?

◆3つ目の違和──見るたびに共感より疑問が増えていくのはなぜ?

 ああ、わかるわかる。そうだよね、きっとそういうことあるよね……。ドラマを見ていて抱く「共感」は、視聴者にとって最も大切だ。たとえ自分が体験していない未知の出来事であっても、想像の中で「なるほどそうか」「ありえる」と思うことで、視聴者は主人公に感情移入し、虚構のスーリーの中に入りこむ。一緒になって物語を生き、一喜一憂する。

 反対に、見れば見るほど「ありえない」「ホントかなあ」「うそっぽい」と疑問や違和感が積もっていけば、視聴者は共感どころか物語に入りこむことを拒絶されている、そんな気分になる。

 有村架純、高良健吾。今、まさに輝いている役者二人。このドラマの中でも精一杯演じている。二人は演技の才能にも恵まれている。可愛い、格好いいを超えた独特の個性もある。

だから、妙に極端な状況を設定して演じさせるよりも、この二人の魅力が自然に滲み出てくるような恋愛物語を見てみたい。沸き起こったいくつもの疑問に対して、回答を与えてくれる後半を期待したい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元テレビP「あまちゃんはヒットドラマの要素全て持ってる」
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌
田原俊彦&野村宏伸 共演のロケ地は“びんびん”な共学高校

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP