ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】全国32万キロを走り風変りな国道を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『国道者』佐藤健太郎著/新潮社/1300円+税

 鉄道マニアがいることは分かる。車や飛行機のマニアも理解出来る。しかし、国道のマニアがいるとは知らなかった。

 はじめ「国道者」という書名を見た時、何のことか分からなかった。重要な道路を指す国道のこと。著者は、全国の国道を走り、その実態を調べるのが好きな国道マニアなのだという。

 もともとドライブ好きで、それが昂じて国道好きになった。18年間には北は稚内から南は石垣島まで約32万キロを走った。その著者が全国の風変りな国道を紹介してゆく。言わば国道珍景グラフィティ。

 青森県の津軽半島の突端、龍飛崎には階段国道という何やら形容矛盾の国道がある。自動車道路なのに階段になっている。地形上、どうしようもなかったのだろうが、車の通れない国道。なんとも珍妙。その珍しさが人気になり、ここはいまや観光地なのだという。

 この階段国道にはおまけが付く。階段を下ると、道は民家のあいだの狭い路地に入る。名づけて路地国道。嘘だろうと思うが、ちゃんと写真が載っている。

 これは県道だが、広島県の呉市には「日本一短い県道」と誇らし気に謳っている道路がある。長さわずか10.5メートル。

 これが日本一とされていたのだが、著者が調べたところ、長野県の上田市にはわずか7メートルの県道(横断歩道が県道!)があることが分かった。それを調べにわざわざ上田まで出かけるのだから脱帽。

 国道で最短なのは神戸市にある国道174号。わずか187.1メートル。なぜこんな短い道が国道なのか。道路法では、重要な港や空港と、主要道路を結ぶ道が国道とされる。174号は神戸港とそのすぐ近くの国道2号とを結んでいるため国道になった。

 酷道という言葉があるそうだ。国道なのに山の中や辺鄙なところにあるため、きちんと整備されていない道のこと。鉄道マニアのあいだで人気のある秘境駅のようなものだろう。  大阪と奈良を結ぶ国道308号の途中にある暗峠がまさにそれで、道幅が狭いため「道路狭小につき通り抜けご遠慮願います」という看板まであるという。国道なのに。

 驚きの連続。ユーモアにあふれている。何かと世知辛い世の中。こんなヘンな国道が日本各地にあるのは面白いことではないかと、のんきな気分になってくる。

文■川本三郎

※SAPIO2016年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
被災地走る国道45号は地元建設会社の自発的作業で復旧した
高速道路が大渋滞 並行して走る一般道に降りる方が速いか?
震災、空襲でも壊れなかった日本橋 最大の景観打撃は首都高

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP