ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小泉今日子とマドンナのような50代がいることは喜ばしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 マドンナ(57才)が10年ぶりにワールドツアー『レベル・ハート・ツアー』で来日。“反逆精神”を意味する今回のツアーでは、SMさながらのハードなパフォーマンスを披露した。かたや日本にも、見ているだけで胸を揺さぶられる女性がいる。2月4日に50才になった小泉今日子だ。58才のオバ記者こと野原広子さんが綴る。

 * * *
 わが心の師であり、1つ年下のマドンナが10年ぶりに、さいたまスーパーアリーナで2日続けて歌って踊っていきました。初日は開演が2時間遅れていっさい理由を説明しなかったとかで、「プロとしてどうか」という人もいたそうだけど、そんな輩にオバは言いたい。「マドンナの太ももを見よ!」と。

 57才でここまでのピチパツを保っている人が、地球人口72億人の中でどれだけいるか。50才過ぎたらピンヒールをはいてただ歩くことすら苦行ですぜ。それが階段を上り下りしたり、激しく踊りながら歌う? あり得ません!

 しかもイギリスの音楽祭ではアクシデントが起きて、階段でコケたそうではないですか。さすがに起き上がって再び歌うまで、いくらか手間取ったそうだけど、普通なら救急車騒ぎです。

 そりゃあ、顔は、“技術革新”とか“最新の工法”など、さまざまなことがいわれていますが、肉体と声は“かけ値なし”。これを保つためにこの10年、彼女がどれほどのことをしてきたか。

 オバが揚げたて熱々のとんかつにはふはふと食らいつき、酎ハイをあおっている間、太平洋の向こうの彼女は食の快楽とはほど遠い、超自然食を食べていたのです。尊敬を通り越して、ただ神々しくありがたく、涙なくしては見られません。

 マドンナがマドンナであり続けている。それだけで世界中のオバさんは勇気づけられます。志なんて言葉すら忘れていたオバでも、彼女を見ると、目の前でパチンと手を打たれたように覚醒します。

 そして夢を見ます。もし本気になったら、手順さえ踏めば、マドンナのような若い肉体を取り戻せるのではないか。まだ間に合うのではないか。年下の男の子と恋なんかしちゃって、うひひ。桃色の妄想をたくましくさせてくれる人。それがスターでなくて、何なのでしょう。

 その一方で、16才のわがオス猫の背中をなでながら、オバは思います。マドンナの見せてくれる夢は、しょせんはアメリカンドリームなんだよなぁ、と。

 富も名声も、子供も恋人も、若さも美も、欲しいものは必ず手に入れて、雷が鳴っても離しませんというマドンナの強さに憧れはしても、もっと身近に、私たちの目標、モデルになってくれる人はいないものか。

 マドンナと同じように、誰にも媚びず、スクッと背筋を伸ばして立っている人――といったら、つい先日、50代の仲間入りした小泉今日子しかいないではないか。ずい分、長い時間を芸能界で生きてきたはずなのに、「わが道をゆく」という姿勢と、だからこその手垢のついていない美しさも変わりません。

 オバが『あまちゃん』のロケ地となった岩手県久慈市に行ったときのこと。「小泉今日子? 夜、ホテルの前のスナックで普通に自分の持ち歌を歌っていたよ」とか、「そこのカウンターでずーっと雑誌を読んでいたな」とか、地元の人が彼女の溶け込みっぷりを語ってくれました。

 自然体といえば自然体だけど、それだけではない、小泉今日子のただ者じゃない感が、この時、オバの心に深く刻みこまれました。50代の生き方のお手本をマドンナに求めるのは、たとえれば、無酸素でエベレストに登るようなもの。簡単じゃないけどトレーニングを積めばなんとかなる、気もします。

 でもすっぴんで撮影とか、小泉今日子のしていることは、誰でもできそうだけど、よ~く見て。思慮深そうで、年を重ねた人の美しさまで感じさせて、要は普通の人は絶対に達しえない領域なのです。

 いずれにしても力技のマドンナと、われらが小泉今日子がさらりとしていることは、素人には難しすぎて歯が立たない。でも、彼女たちのような50代がいるということはやはり手放しで喜ぶべきことであり、誇らしくもあるのです。

※女性セブン2016年3月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
小泉今日子の「変わっていく力」を考え彼女の生き方を学ぶ本
「私は白金の高級マンション住まいです」女 実は……
47才妻 同年齢の小泉今日子を「キレイだけど年は年」と敵視

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP