ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の名作映画を大スクリーンで観られる!「午前十時の映画祭7」4月2日(土)から開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バック・トゥ・ザ・フューチャー
© 1985 UNIVERSAL CITY STUDIOS, Inc. All Rights Reserved.

世界の名作・傑作映画を大スクリーン、高画質で観ることのできる「午前十時の映画祭」が4月2日(土)から開催される。7回目となる今回は、洋画・邦画合わせて全29本をラインナップ。全国55劇場でこれまでより1週多い51週間に渡り上映される。

外国映画ではオードリー・ヘプバーンの『マイ・フェア・レディ』『ティファニーで朝食を』という華やかな2作品を初ラインナップ。新たな試みとして人気作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ3本を夏休み期間に一挙上映。G・フィリップ、C・ドヌーブ、S・マックィーン、R・レッドフォード、C・イーストウッドら人気スター主演作はもちろん、A・ヒッチコック、R・ポランスキー、チャン・イーモウら、世界の名匠の傑作も多数ラインナップ。
 

バック・トゥ・ザ・フューチャー2
Copyright, Universal Pictures, Courtesy of NBC Universal Archives &Collections.
 

戦場のピアニスト
© 2002 STUDIOCANAL – HERITAGE FILMS – STUDIO BABELSBERG –RUN TEAM Ltd

 
日本映画では、世界中の映画人と映画ファンが今も絶賛を続ける黒澤明と成瀬巳喜男の傑作4Kリマスター初上映に加え、前々回、記録的な動員となった『砂の器』の再上映も決定した。

一気に世界の傑作映画をチェックするチャンス! 

■午前十時の映画祭7 -デジタルで甦る永遠の名作-
開催期間:2016年4月2日(土)~2017年3月24(金) 全51週
開映時間:毎朝10時開映 ※劇場によっては複数回上映もあり
上映期間:1作品につき2週間上映、もしくは1週間上映
開催劇場:TOHO シネマズ 日本橋 他全国55劇場にて開催
入場料金:一般1100円/学生500円
上映作品:全29作品 ※新規セレクト作23本(うち日本映画4本)+再上映人気作6本
主催:一般社団法人 映画演劇文化協会
問い合わせ:午前十時の映画祭 事務局 岡村(03 3519 3717)

詳細
http://asa10.eiga.com/

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。