体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すべては尊い命を救うために。ドクターヘリ出動に”通信”が果たす役割とは?

「強い風がきますよ、気を付けて」。注意を促す声とほぼ同時に、取材用ノートが飛ばされそうになるほどの強風が吹き付けてきた。ヘリコプターによるダウンウォッシュ。発生させたのは、日本医科大学千葉北総病院に到着したドクターヘリ。声の主は救命救急センターの本村友一医師だ。搬送されてきた高齢者が降ろされる。必要があれば、到着から5分後には手術を始められるという。


日本医科大学千葉北総病院に降り立つドクターヘリ


着陸するや否や、救命救急センターへ患者が搬送される

ドクターヘリとは、救急医療活動に使用されるヘリコプター。医師と看護師が乗り込んで患者のもとへ駆けつけ、その場で必要な処置を施し、そのまま医療施設へ搬送する。日本では2001年4月から運用が始まっており、全国38道府県に46機が配備されている。冒頭で紹介した本村医師は、すでに850回搭乗したベテランの救急救命医だ。

日本医科大学千葉北総病院 救命救急センターの本村友一医師

現在、交通事故症例に対してドクターヘリを使用した場合、事故発生から治療が開始されるまでにかかる時間は平均で38分。HEM-Net(救急ヘリ病院ネットワーク)の調査では、従来の地上の救急車搬送に比べて救命率は3割以上向上し、その後、完治して社会復帰ができた人は1.5倍に達しているそうだ。

この救命率をさらに上げるべく、38分という時間をより短縮させる取り組みが始まっている。それが、トヨタ、ホンダなどの自動車メーカー、HEM-Net、KDDIなどが取り組んでいる「救急自動通報システム(D-Call Net)」である。数年前から導入に尽力してきた本村医師は、「2015年11月30日より全国9カ所のドクターヘリ基地病院出動エリアで試験運用を開始。2018年から全国で本格運用を開始する予定です」と教えてくれた。

高エネルギー自動車事故が発生した際に事故の情報が自動で通報される

「D-Call Net」の仕組みはこうだ。「D-Call Net対応車」がエアバッグの作動する事故を起こすと、車両情報やGPS情報、事故発生時の状況が自動で「HELPNET(日本緊急通報サービス)」のサーバーに送信される。「HELPNET」とは、登録しておくと事故などの際に自動で最寄りの警察や消防などに連絡をしてくれる緊急通報サービスである。

「HELPNET」サーバーと「D-Call Net」サーバーは同期されており、「D-Call Net」のサーバーにて、事故状況などから乗員の死亡・重症率を算出し、ドクターヘリの出動要請を行う管轄基地病院を自動選別。病院に配布されている専用タブレットに、車両情報や事故発生現場、死亡・重症率といった情報を送信する。死亡・重症率が5%を超えている場合、ドクターヘリが出動するといった流れとなる。


日本医科大学千葉北総病院 救命救急センターのドクターヘリ運行管理室

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。