ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートフォンの月額使用料、キャリアユーザーは平均7,433円、MVNOユーザーは平均2,067円(MMD調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD 研究所が 2 月 29 日に公開した国内における「2016 年スマートフォンの利用料金に関する調査」の結果によると、スマートフォンの月額使用料の平均額は 6,823 円でした。調査は大手キャリア 3 社のユーザー 1,105 人と MVNO ユーザー 106 人を対象にインターネットアンケートで行われたものです。携帯料金の安さから近年では MVNO に乗り換える方が増えていますが、同社が現在支払っているスマートフォンの使用料について質問すると、大手 3 キャリアの平均額は 7,433 円、MVNO ユーザーの平均額は 2,067 円でした。合算すると平均額は 6,823 円になります。キャリアと MVNO ではかなりの開きがあります。また、適正だと思う料金について質問したところ、3 キャリアのユーザーの平均額は 4,371 円、MVNO ユーザーの平均額は 1,723 円でした。3 キャリアの料金は明らかに高いと判断されている一方で、MVNO は概ね適正だと判断されているようです。キャリアが販売しているスマートフォンはハイエンドモデルが主流なので、全体としても端末代金は比較的高額です。そんな中、スマートフォンユーザーの端末代金の平均金額は現在のところ 52,369 円でした。しかし、適正価格の平均額は 26,450 円だったので、やはり安さを求めていることが分かります。Source : MMD 研究所

■関連記事
上海問屋、低音の増強に特化したAndroidでも使える外付けアンプ「DN-13553」を発売
ソフトバンク、携帯使用料の3%分を継続して寄付できる新サービス「チャリティモバイル」を開始
6GB RAMのVivo Xplay 5か? GFX Benchに「Vivo PD1522A」が登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP