体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知る人ぞ知る“角打ち”の名店・阿佐ヶ谷「裏の部屋」という楽園

知る人ぞ知る“角打ち”の名店・阿佐ヶ谷「裏の部屋」という楽園

f:id:Meshi2_IB:20151106103835j:plain

商店街のど真ん中にある謎の店

ある晩近所の酒屋にビールを買いに行ったら、店の裏の倉庫にずんずんと入っていく団体を見かけた。それは若い女性と、数人の男性。どうみても店員さんではなく、業者の人にしてはなんだかやたらと楽しそう……。チラッと横目で覗いてみると、奥のほうで楽しそうに、酒を酌み交わしている様子。えっ、ここって酒屋さんの倉庫じゃないの? なんでお客さんがお酒を飲んでるの?

そんな疑問と、なにやら楽しい予感を抱きつつ店を出たところで、謎が解けました!

f:id:Meshi2_IB:20151106103803j:plain

コレです! 「角打ち処 裏の部屋」

店の奥が立ち飲みスペースになっている酒屋さんだったのですが、このあたりに住んで2年以上経つのに、「角打ち」の意味を知らなかったため、このスペースの存在にまったく気づかなかったのでした!

f:id:Meshi2_IB:20151106103804j:plain

このお店は、大正13年に開店した「三矢酒店」。JR阿佐ケ谷駅と、丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅をつなぐ商店街「阿佐谷パールセンター」の中にあります。

f:id:Meshi2_IB:20151106103805j:plain

阿佐谷パールセンターといえば、8月の七夕まつりが有名です。今年で62回目を迎えた七夕まつりが始まったのは昭和29年なので、それよりもずっと早くから開業していたんですね。今回ご紹介する角打ちスタイルの営業を始めたのは、ここ3年ほどとのこと。このお店で、自分も実際角打ちに潜入してみることにしました!

まずは、前回お客さんを目撃した「裏の部屋」へと移動してみます……。

f:id:Meshi2_IB:20151106103806j:plain

店内はこのように、歩き飲み推奨のビールの樽売りがあるくらいで、店の奥に立ち飲みゾーンがあるようには見えないのですが……。

f:id:Meshi2_IB:20151106103807j:plain

お酒のジャングルをかきわけ、

f:id:Meshi2_IB:20151115155540j:plain

ぐんぐん進んでいくと……

f:id:Meshi2_IB:20151106110247j:plain

ビールコーナーの左に、謎めいた通路が……。

f:id:Meshi2_IB:20151106110352j:plain

その奥は、完全に酒屋さんの倉庫です。

ここに先日、男女が吸い込まれて行ったのを目撃したんですよ。ホントに入っていいの? と思いつつ進んで行くと……。

f:id:hotpepper-gourmet:20160229132202j:plain
1 2 3 4 5次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。