ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

丸本莉子、地元・サンフレッチェ広島の開幕戦で約2万人を前に熱唱

DATE:
  • ガジェット通信を≫

丸本莉子が2月27日、サンフレッチェ広島の開幕戦で約2万人を前に地元・広島への想いを込めた自身の曲を歌い、会場を盛り上げた。

あいにく天候は大雨となったが、広島出身として昨年J1王者で世界3位でもあるサンフレッチェ広島の勝利を祈り、広島県ではすでにおなじみとなっている彼女のデビュー曲「ココロ予報」や、ブルボン「ラシュクーレ」CMソングとしても話題となっている「フシギな夢」を披露。来場した約2万人のスポンサーと、歌で“ココロ”を一つに繋げた。

今シーズンJ1リーグ開幕戦でもある貴重な場でスペシャルゲストとして歌唱できたことに、丸本自身も「サンフレッチェ広島の開幕戦で歌わせて頂き、広島人として本当に嬉しく思います! 雨が降る中、そして大事な開幕戦ということで、歌う前は緊張していたのですが、サポーターの皆さんの温かい想いが伝わり、勝利を願って歌わせて頂きました!最後の最後で悔しい結果になりましたが熱い試合をみてパワーを頂きました!まだ始まったばかりです! これからもサンフレッチェサポーターとして応援していきます!!」と喜んだ。

なお、3月16日(水)には、2ndミニアルバム『フシギな夢の中』がリリース。ミニアルバムには発売後すぐにiTunesトップアルバムランキングで3位にランクインした「つなぐもの」や、2016奥四万十博テーマソング「がんばる乙女 ~Happy smile again~」、ブルボン『ラシュクーレ』CMソングとなった「フシギな夢」、「なごり雪」のカヴァー他、ボーナストラックに、渋谷 TSUTAYA O-EASTでのワンマンライブの音源を含む、今の丸本莉子を凝縮した全8曲が収録されている。

また3月9日(水)より、iTunesにて「フシギな夢の中」のプレオーダーが開始され、予約購入特典として「愛した人」のライブ音源がプレゼントされることが決定。入手できる期間は、3月9日(水)~3月16日(水)の一週間となっている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP