ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2018年までに200校へ増やす!国際バカロレアって知ってる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Libr (Own work) [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

みなさんは「国際バカロレア」という言葉を聞いたことはありますか? もしくは「IB」という言葉を、聞いたことはありませんか?

国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)とは、一言でいうと「世界共通の大学入試と、それにつながる小・中・高校生の教育プログラム」のことです。

実は、この国際バカロレア、日本でも「2018年までに国際バカロレアDP認定校を200校まで増やす!」と、積極的に取り入れられようとしている教育プログラムの一つなのです。

では国際バカロレアを受けることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

海外進学受講者にとって優位な資格「ディプロマ」

まず一つ目のメリットとして、国際バカロレアの教育プログラムを受けることで、海外の大学に入学できる認定証「ディプロマ」を手に入れることができます。

1968年にスイスのジェネーブで国際バカロレア機構を設立して以降、ディプロマの認定大学は増え続けており、現在、100カ国以上の学校で、このディプロマが、入学資格や受験資格として認められています。(2015年11月現在:世界147の国や地域、4,300校以上の学校で提供)

Photo credit: Tulane Public Relations (Student in ClassUploaded by AlbertHerring) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

国際人を育てるための教育が受けられる

二つ目のメリットは、国際人として活躍するための教育プログラムを受けられることです。例えば、国際バカロレアの教育プログラムの中には「TOK」というものがあります。「TOK」とは、「Theory of Knowledge(知識の理想)」の略で、教科の枠を超えて、論理的思考力や批判的思考力(クリティカル・シンキング)、コミュニケーション能力などを養うことを目的としたものです。TOKは、グループ・ディスカッションで行われるため、日本の学校ではあまり見られない形態の授業となっています。

TOKで養われる「議論する力」を身につけることは、国際人にとって重要なスキルの一つであり、将来のキャリアにとって大きな糧になると考えられています。

Photo credit: mattbuck (category) (Own work by mattbuck.) [CC BY-SA 2.0 or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

国内でも広がる国際バカロレア

冒頭でも挙げた通り、日本国内でも国際バカロレア認定校を増やす動きが積極的に進んでいます。2015年11月までに日本でも35校が認定校に定められており、東京都内の学校だけでなく、仙台育英学園高等学校(宮城県)や名古屋国際学園(愛知県)、つくばインターナショナルスクール(茨城県)など、全国各地で広がりを見せています。

ですが、海外留学のEFの調査によると、現状では、国際バカロレアについて知っている人は、わずか23%(Twitter公式アカウントを利用して調査。n=733)と、まだまだ認知度が低いのが現状です。

国際人の輩出に期待される「国際バカロレア」が、今後どこまで日本で浸透するか、今から注目しておきましょう。

ライター:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける
Photo by: Tulane Public Relations (Student in ClassUploaded by AlbertHerring) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP