ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫を亡くした時の心の整理 涙を我慢せず思い切り泣くこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 これまで人生を共にしてきた伴侶を失ったばかりの妻にのしかかる幾重もの責任と手続き。突然夫を亡くした時、妻は自分でしか解決できない問題にどう向き合ったらいいのだろうか?

 2年前の夫との別れは突然だったとA子さん(45才)は言う。出かけた先で不調を訴えた夫は、搬送先の病院で心筋梗塞のため亡くなった。50才だった。2か月前に受けた会社の健康診断では何の問題もなかったという。

「お通夜でも葬儀でも、涙が出ることはありませんでした。現実に起きたことだとは、思えなかったんです」(A子さん)

 悲しみが襲ってきたのは、それから1週間ほど経ってから。夫が亡くなった現実に気づいて、涙が止まらなくなった。

「食事がのどを通らなくなって、どんどんやせていきました。娘がスプーンで私の口を無理矢理こじ開けようとしたこともありました。心配した友人が病院へ連れて行ってくれたのですが、会計の時に『この保険証は使えません』と言われたんです。夫の会社の健康保険だったので、そこでも、『ああ、夫が亡くなった』と思い知らされました」

 それから1か月間、家から一歩も出られなかったという。

「ご近所さんや知り合いにお悔やみを言われたくなかった。夫が亡くなったことを受け止めたくなかった、考えたくなかったのです。ずっと主人の遺影の前に座っていました」

 現在はパートをするまで復帰したが、今も心の整理はついていない。

「仲睦まじいご夫婦を見たら、涙が出てくることもあります。先に亡くなった夫を恨んでしまうことさえあります。いつになったら心が落ち着くのでしょうか…」(A子さん)

 どれだけの時が経っても癒えない夫を失った悲しみ。その思いを抱えながら、ひとりになった人生をどう生きたらいいのか。高齢問題研究家のおちとよこさんは、「まず衣食住を大切にしてほしい」と話す。

「着替えがめんどうになって、パジャマのままで過ごしたり、掃除をしなくなったり、食べてくれる人がいなくなったからと料理をしなくなる人も少なくありません。夫の死で気力が萎え、悲しみに打ちひしがれた結果、そうした習慣を変えてしまうと、どんどん気持ちが滅入ってしまいます。

 以前の生活スタイルをできるだけ変えないように心がけてください。もし仕事をしていたのなら、頻度は減らしてもいいですが、続けたほうが気がまぎれます」(おちさん、以下「」内同)

 そして多少無理をしてでも、人と話したほうがいいと話す。

「ひとりになると、旦那さんのことばかりを考えてしまいます。ですから、お子さんに旦那さんの思い出話をするのでも、友人にまったく関係のない話をしてもいい。とにかく孤独にならないようにしてください。お子さんの生活を邪魔したくなければ、会ったり電話したりせず、メールを送るだけでもいいのです。

 それから、涙はがまんしないこと。がまんはつらい思いを長引かせるだけです。むしろ思い切り泣いたほうがいいくらいです」

 そして、夫の死後、少し落ち着いたら、これからしたいことをノートに書き出すといい。

「本当は泊まりがけで旅行に行きたかったけど、夫に文句を言われるから、日帰りのバス旅行でがまんしていたとか、あるはずです。そうすると『もう少し元気になったら行ってみよう』と思えるようになって、ひとりの時間の過ごし方が見えてきます」

 夫を亡くした悲しみと向き合う強さを持つ。それが夫の死後、充実した生活を過ごすための第一歩だ。

※女性セブン2016年3月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
伴侶を亡くした作家・津村節子と加賀乙彦の対談を収録した本
エッセイスト斎藤由香「父・北杜夫を亡くして始めた生前整理」
談志の下で26年過ごした志らくが師匠の人となりを明かした本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP