ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ハゲが治る!?」と話題の新世代ドライヤーを試してみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本では1300万人が悩む「ハゲ」。本誌2月26日号では、「5年後にはハゲを治す薬が誕生する」というニュースをお伝えしたが、“そんなに待てないぞ!”という薄毛男性に、気になる新情報を入手した。

 最近、頭が寂しくなってきたと悩む40代本誌記者が美容室に行ったときのこと。美容師が記者の髪を乾かしながら、こう切り出した。

「このドライヤー、ホントにスゴいんですよ! 使えば使うほど髪が太くなる。お客さんには“髪が増えた”っていう人もいる。魔法のドライヤーですね」

 ドライヤーでハゲが治る? そんなバカな──。にわかには信じがたい話だが、常日頃から誰よりも髪を観察している“プロ”の証言だけに聞き捨てならない。早速取材を開始した。

 そのドライヤーは医療や美容の技術開発・製造を行なうリュミエリーナが販売する『HAIRBEAUZER Ex-celleMium2』(以下、ヘアビューザー)だ。ヘアビューザーには同社が独自開発した「バイオプログラミング」という技術が採用されている。

 販売店ホームページによれば、特殊なセラミックによって複数の遠赤外線を発生させることが特長。水分子の活動を活発化させる働きを持つ遠赤外線を当てることで毛髪の水分密度が上がり、潤いを取り戻すのだという。

 艶が出る、サラサラになる、ハリとコシが出たといった評判が広がり、ドライヤーにしては高額な2万2500円(税抜)という価格にもかかわらず、女性ファッション誌でも取り上げられる人気ぶりだ。育毛コンサルタントの板羽忠徳氏が従来のドライヤーとの違いを解説する。

「健康な髪の水分割合は11~13%ほどです。そこに熱風を当てると7~8%ほどに下がってしまう。しばらくすると髪は空気中の水分を吸収して元の状態に近づくのですが、繰り返して使ううちに乾燥しやすい髪質になり、同時に傷みも激しくなる。ドライヤーが髪を傷める“天敵”といわれる所以です。ヘアビューザーは遠赤外線で髪の水分子の活動を活発にするため、水分量を保ちながら髪を乾かせるドライヤーといえそうです」

 そう聞くと確かに髪には良さそうだ。だが、それだけでは“育毛効果”の説明にはならない。リュミエリーナに聞いても「取材はお受けできない」とのこと。前出の販売店ホームページにも「毛が生える」といった主旨の説明は見当たらない。前出の板羽氏は次のように解説する。

「水分量が少なくなると髪の表面が毛羽立ったり、ザラザラになります。だから手櫛やブラシに引っかかりやすい。それに対して、水分量を維持するヘアビューザー使用者には指通りがなめらかになる人が多いようです。そのためブラッシングしたときに絡まなくなり、抜け毛が少なくなったのでしょう。“髪が生えた”というわけではなく、“抜けにくくなった”ということかもしれません」

 確かに薄毛に悩む人からすれば、抜けるペースが落ちれば“髪が増えた”と感じるのかもしれない。それはそれで喜ばしいことだが、それでは“魔法のドライヤー”と呼ぶには物足りない。だが、タカナシクリニックの高梨真教医師は「育毛効果はあるかも」と指摘する。

「遠赤外線は光線の波長が長いので頭皮の内側まで届く。つまり頭皮の内側の血行を促進する効果が考えられます。

 髪の栄養となるアミノ酸やミネラル、ビタミンなどは頭皮に張り巡らされた毛細血管を通して毛根に運ばれます。血行を促進することで髪が生えやすい栄養状態となるのです。要は育毛サロンなどで行なう頭皮マッサージと似たような効果になっている可能性があるのです。

 発毛効果がある医薬品成分として知られるミノキシジルは、もともと血管拡張剤として開発されたことからわかるように、血行と発毛には深い関係があるのです」

 髪を美しくする目的の遠赤外線ドライヤーが思わぬ“副産物”を生んだという分析である。

※週刊ポスト2016年3月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ビーチで見つけた23才水着ギャル インナーちらりレイヤード
阪神ボイヤーにファン「オイラはボイヤーで売り出したらええ」
コスプレ進化中 武器や装備の「大物」化と高年齢化の印象も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP