ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セキド、Android対応のサングラス型アクションカメラ「Pivothead SMART」を国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セキドは 2 月 29 日、Pivothead のサングラス型ウェアラブルカメラ「Pivothead SMART」を国内販売代理店として発売しました。Pivothead SMART は Sony の 800 万画素カメラを内蔵したサングラスのようなアクションカメラで、ユーザーの視点で映像を撮影できるところが大きな特徴です。この製品は Android スマートフォンとも連携するようになっており、Google Play ストアのアプリをインストールするとスマートフォンで写真や動画を視聴したり、カメラの撮影設定を変更できます。本体にはタッチパッドがあり、ユーザーはこの上をタッチして撮影や撮影モードの切り換えを行えます。動画は最大フル HD で撮影でき、静止画は 800 万画素で撮影できます。カメラはオートフォーカスや連写も可能です。Pivothead SMART 向けにはバッテリーモジュールと Wi-Fi モジュールが提供されており、使用時間を最大 40 分延長させることのほか、Wi-Fi アクセスポイントに接続して映像のライブ配信を行うこともできます。Pivothead SMART の価格は税込み 35,000 円です。追加のバッテリーモジュールはパッケージに同梱されていますが、Wi-Fi モジュールは別売となっています(税込み 10,926 円)。Source : セキド

■関連記事
KDDI、うたパスでビートルズ楽曲の配信を開始
東芝、スマートフォンやCDを音源したカラオケや語学学習の用途にも使えるCDラジオ「TY-C17」を発表
設定した回数だけロック画面認証をミスすると強制的に端末を初期化するセキュリティアプリ「Locker」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP