ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

設定した回数だけロック画面認証をミスすると強制的に端末を初期化するセキュリティアプリ「Locker」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

設定した回数だけロック画面の認証をミスすると、強制的に端末を初期化するセキュリティ系アプリ「Locker」がリリースされました。Locker は、ユーザーが設定した回数だけロック画面の認証(パターン、PIN、指紋、パスワードなど)を間違えると、端末を工場出荷時の状態に戻し、かつ、データをクリアするアプリです。通常の Android のロック画面認証は一定回数間違っても数秒 ~ 数十秒待てば再度トライできますが、Locker ではさらに進んで、端末の初期化を行うので、端末を紛失したり盗難に遭った場合の個人情報の流出を防止できます。アプリは非常にシンプルです。設定は本アプリ上で「管理者権限」に許可を与え、「Enable」ボタンをタップするだけ。有効の場合にはロック画面上に「あと ○○ 回間違うと初期化します」と表示されます。注意して欲しいのは、所有者自身が設定した回数を間違えてしまうことです。その場合でも初期化・データ消去は実行されるので、十分な猶予回数を設定することをおすすめします。ミス回数は蓄積されるので、数回ミスしたらアプリを一旦無効にしてカウンタをクリアしてください。「Locker」(Google Play)

■関連記事
KDDI、うたパスでビートルズ楽曲の配信を開始
東芝、スマートフォンやCDを音源したカラオケや語学学習の用途にも使えるCDラジオ「TY-C17」を発表
セキド、Android対応のサングラス型アクションカメラ「Pivothead SMART」を国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP