ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外旅行者必見!海外で携帯電話・スマホを使う時の注意事項

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TRiPORTライターのさとりんです。
海外旅行、はじめて訪れる国であれば、楽しみの半面不安もつきもの。そんな時にスマホなどでインターネットが利用できたら心強いですよね。お店探しやアクセス検索にも使えるし、観光情報を調べたり、今の状況をSNSでみんなに伝えたりしたいですよね。
しかし、楽しい海外旅行を終えて帰ってきたら、高額請求されたなんてことも! せっかくの楽しい思い出が台無しになってしまわないように、うまくスマホを利用しましょう。そうすれば、とても心強い旅の相棒になってくれるでしょう。
そこで、今回は海外旅行先でスマホや携帯電話を上手に使用する方法をご紹介します。

"DoCoMO store" (CC) by  Banalities 

知っておくべき!海外で携帯電話を使用してお金が発生する時


"Man speaking on Windows Mobile device ou" (CC BY-ND 2.0) by  gailjadehamilton 

1. 電話

海外では着信料がかかる
日本での音声電話は電話を受けた側には着信料金が発生しません。しかし、日本で使用している携帯電話をそのまま海外で利用し、着信があった場合、通話料が発生します。
(ハワイで日本からの着信電話をした場合の1分間の通話料:175円)

着信料よりも高い発信料
日本でも電話を発信する人には通話料がかかりますが、海外から日本に電話をかけた場合、その何十倍もかかります。

(例)ドコモの携帯の場合
【日本→日本】
30秒の通話料:7.875円、10.5円、14.7円、18.9円、21円、26.25円と料金プランによって異なる。
【アメリカ→日本】
1分間の通話料:140円

海外で日本の携帯電話同士で通話した場合は、高額になる
海外で携帯電話を使用する時に、相手が同じ国内にいても、通話する相手も日本の携帯電話を使用している場合、日本の回線を介することになるため、通話料金が高額になります。

■豆知識■
<旅行先で日本から持ってきた別の携帯に電話する方法>
携帯の携帯番号の「090」や「080」「070」の最初の「0」を除いて、「+81」を付けるだけです。
(例)携帯電話番号:090-1234-5678 → +819012345678

■ポイント■
あくまでも国際電話をしているという意識を忘れないこと!

2. パケット通信

自分で定額対象の事業者につなぐ
海外パケット定額に入っている場合は、海外旅行先に到着したら、キャリア選択を自分で行いましょう。この時に必ず定額対象の事業者につなぐことが大切です。ここでパケット定額対象外の事業者につないでしまった場合、高額請求がきてしまいます!

日本時間で課金される
パケットの使用料は、現地時間ではなく日本時間で1日毎に課金されるようになっています。1日は0時からスタートして23時59分59秒までです。この時間をオーバーした時点で2日目になってしまうので、設定開始時間には気を付けましょう。

3. 国際SMS

送信料(*):1通 100円(海外のみ)
受信:無料(国内・海外ともに)

※国際SMSの送信料は携帯キャリアによって異なります。
※最大バイト数:140バイト(半角140字ぐらい)

■アドバイス■
メールを送るのであれば、SMSを使わずにWi-Fiのある場所からe-mailで送ったほうがお得。

高額請求されないようにうまくスマホを利用する方法


"Woman using Outlook Mobile with coffee" (CC BY-ND 2.0) by  gailjadehamilton 

1. 海外のデータ通信機能をオフ

飛行機搭乗前に必ずやらなければいけないのが、データ通信機能をオフにすること。現地でオフにするからいいやなどと思っていてはいけません! スマホは、ユーザーの意思とは関係なく、勝手にデータ通信を行います。なので、海外に到着する前にデータ通信機能をオフにして、現地でオンにしましょう。そして正確に事業者に接続しているかを確認することを忘れずに!

2. 海外パケットの利用料金を定額にする

旅行先で思う存分インターネットやSNSを利用したい人には、海外パケットの利用料金が定額になるプランに入りましょう。

SoftBank:海外パケットし放題(1980~2980円/日)
ドコモ:海外パケ・ホーダイ(1980~2980円/日)
au:海外ダブル定額(1980~2980円/日)

しかし、会社によっては、ローミング契約はしているものの、定額サービスを利用できない現地事業者もあるため、そのような事業者に接続しないように手動で設定するようにしましょう。
ドコモやau、Softbankのモバイルサイトには定額サービスが対象の現地事業者のリストが掲載されているので、旅行に行く前にチェックしておきましょう。
ドコモは2012年に、ローミング契約している現地事業者の全てと「海外パケ・ホーダイ」が適用されるようになったので、間違って定額サービスを行っていない事業者につないでしまうということがなくなりました。

3. アプリで設定の確認をする

通信事業者は海外で携帯を利用した際に高額請求が起こらないように、各社で現地で自分の携帯電話の接続状態をチェックできるスマホ用のアプリを提供しています。渡航前にダウンロードして、現地に着いたら確認しましょう。

■Softbank:海外パケットし放題
ソフトバンクが行っている「海外パケットし放題」を利用するためのネットワーク設定や、定額対象の現地事業者への手動設定を助けてくれるアプリ。
アプリの画面上で簡単に現在接続中の事業者がわかります。また、日本に帰国してからの設定の戻し方もサポートしてくれます。

■ドコモ:ドコモ海外利用
「海外パケ・ホーダイ」の利用に必要な設定・確認、データローミングの設定方法を教えてくれるアプリ。

■au:GLOBAL PASSPORT
海外事業者のネットワークに接続して通信サービスが利用可能になるアプリ。

4. 無料Wi-Fiを利用する

機内モード設定→オフ(*)、データローミング設定→オフ、Wi-Fi→オン
海外にも無料のフリーWi-Fiがあるスポットがたくさんあります。フリーWi-Fiが使用できることを示すシールがお店に貼られているので、それを目印にしてみて下さい。しかし、場所によっては接続が安定しない場所もあります。
また、宿泊しているホテルなどにも、宿泊客を対象にしたフリーWi-Fiがあります。その場合は、スタッフに尋ねて、パスワードを教えてもらいましょう。

フリーWi-Fiが使用可能な主なスポット:空港、スタバ、マクドナルド、ホテル、駅など

※機種によっては、機内モードをオンにするとWi-Fiを遮断してしまう場合もあるので、その時は、機内モードをオフにして使用しましょう。

5. Wi-Fiルーターを借りる

Wi-Fiを1台レンタルすれば、同時に5台まで無線LAN対応機器に接続してインターネットを利用することができます。さらに、パケット代も日本の事業者に比べるととても経済的で、日本と同じようにLINEやFacebook、Twitter、インターネットを使用することができます。

■レンタル料
定額料金はWi-Fiルーターのレンタル日数となり、出発日から帰国日までが課金対象になります。そのため、例え使用しなかった場合でも、レンタル料がとられますが、それでも海外パケット定額よりも安いのでおすすめです。

使用目的別!高額請求の防止策

1. 通話もデータ通信もしない人向けの防止策

機内モード設定→オン
こちらは通話もデータ通信も行わない人のための高額請求の防止法です。機内モードとは飛行機に乗っている時に推奨される設定で、携帯の主な操作はできますが、通話、SMS、インターネット、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなどの利用ができなくなるモードのこと。
こうすることによって、気が付いたら課金されてたなんて心配もありません。データローミングもオフすれば完璧です。

2. 電話のみ使用したい人のための防止策

機内モード設定→オフ、データローミング設定→オフ
メールやインターネットなどのデータ通信はしないけれど、電話は使いたいという方はこの設定をしましょう。

<注意>
・海外パケット定額に登録していても、海外から日本への電話は対象から外れます。携帯電話会社ごとに決められた通話料があるので、そちらに従いましょう。
・日本から着信があった場合、着信した側にも通話料がかかることを忘れずに!

3. メールやインターネットが使いたい人の防止策

機内モード設定→オフ、データローミング設定→オン、キャリア設定→手動で設定

・データローミング設定
データローミング設定では、ネットワークのモードをきちんと確認しましょう。携帯によってはこの設定を行う時に「3G」「LTE」「GSM」などが出てくる場合がありますが、「3G」は日本国内で使用される携帯電話回線で、「LTE」は「3G」の速度が速くなったもの。「GSM」はヨーロッパやアジアを中心に100カ国以上で利用されている世界で一般的な通信回線です。海外に行ったら「GSM」を選択しましょう。

・キャリア設定
キャリア設定を手動で行うように設定し、提携している通信事業会社を正しく選択しましょう。

【海外パケット定額を使用しない場合】
データローミング設定はオフにして、メールやインターネットを使用したい時にだけ「オン」に切り替えます。そうすることによって、余分なパケット量を省くことができます。
インターネットなどの使用時に、上記の設定をきちんと行わないと、自動で海外の通信事業者の回線に繋がり、高額請求される場合があるので注意しましょう。

■豆知識■
データローミング・・・契約している事業者とは別の会社の回線を利用して通信すること。

海外パケット定額で電話・メール・インターネットを利用する場合の設定方法

<海外パケット定額を行っている通信事業者一覧>

.tg {border-collapse:collapse;border-spacing:0;}
.tg td{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg th{font-family:Arial, sans-serif;font-size:14px;font-weight:normal;padding:10px 5px;border-style:solid;border-width:1px;overflow:hidden;word-break:normal;}
.tg .tg-uqo3{background-color:#efefef;text-align:center;vertical-align:top}
.tg .tg-baqh{text-align:center;vertical-align:top}
.tg .tg-j4kc{background-color:#efefef;text-align:center}

ソフトバンク
(海外パケットし放題)
ドコモ
(海外パケ・ホーダイ)
au
(海外ダブル定額)

申し込み
不要
不要
不要

通信容量
25MB~無制限
24.4MB~無制限
24.4MB~無制限

対応エリア
対応エリアはコチラ
対応エリアはコチラ
対応エリアはコチラ

アプリのダウンロード
ダウンロードはコチラ
(iPhone版)
(Android版)
ダウンロードはコチラ
(Android版)
ダウンロードはコチラ
(iPhone版)

※利用するには、自分の携帯のキャリアが提携する海外事業者の回線を利用することができるかどうか、また、海外パケット定額の対象であるかどうかを、きちんとキャリアごとの専用ページで確認しましょう。対応エリア外である場合、高額請求される可能性があるので気を付けましょう。

■iPhoneでの設定方法

設定アプリ
 ↓
モバイルデータ通信→データローミング「オン」

■Androidでの設定方法

設定アプリ
 ↓
その他の設定
 ↓
ネットワーク設定
 ↓
モバイルネットワーク設定→データローミング「オン」

レンタルしたモバイルWi-FiやフリーWi-Fiの利用方法

手軽にインターネットを利用することができるWi-Fi。レンタルだと、渡航先によっては1日1000円以下で借りられる場合もあります。

■iPhoneでの設定方法

設定アプリ
 ↓
モバイルデータ通信→モバイルデータ通信「オフ」

■Androidでの設定方法

設定アプリ
 ↓
その他の設定
 ↓
ネットワーク設定
 ↓
モバイルネットワーク設定→「データ通信」「データローミング」「4Gを利用する」を「オフ」

関連記事

海外でiPhoneを使うなら、覚えておきたい5つの通信設定方法

おわりに

いかがでしたか? 設定を確認さえすれば、高額請求を気にせず海外でも安心してスマホを使用することができますよ。スマホの電源を切らず、スマホと一緒に旅を楽しみましょう!あなたのスマートフォンがきっと、あなたの旅をさらに良いものにしてくれることでしょう。

ライター: Satoko Sumitomo
Photo by: gail via flickr cc

関連旅行記

*Jun「すごくディープな中国の友人の結婚式へ行ってみた。」
*Eika Akasaki「ベトナム・カンボジアージェノサイドのキリングフィールドへー」
*Daisuke Yamazaki「Dec/2014 台北から台南 基本出張ですが楽しんでます。」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP