体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肉フェスならぬ、おさかなフェス!絶品魚介づくしの「さかな祭」ついに登場!

生活・趣味
日本各地の魚介料理が食べられるイベント!漁師のイチオシから一流シェフ渾身の一皿まで

今、お魚グルメが熱い!

近頃、グルメと言えば何かとお肉の話題が多いのですが、いえいえ、日本が島国ということを忘れてはなりませんよ。四方を海に囲まれた日本は、世界の中でも魚の美味しさがダントツと評判です。また、お魚はお肉に比べてカロリーも控えめで、魚に含まれるEPAやDHA、アスタキサンチンなどの成分は、美容や健康維持にも役立ちます。

しかし、魚料理と言ってもお刺身か焼き魚、煮魚くらいしか思いつかず、マンネリになりがちですよね。そこで今回は、日本の魚の美味しさを再発見できる、「ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル2016 極旨!さかな祭」の情報をお届けします。

全国の漁師さんが教えてくれる魚料理や、一流シェフが作る斬新なメニューが勢ぞろい! 一口食べればきっと、今までにない新しい魚料理の世界が開けるはずです。

全国の美味しい魚料理に舌鼓

今回ご紹介する「ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル」は、2016年3月3日(木)~6日(日)の期間、日比谷公園にて開催されます。

イベントの目玉は絶品魚料理!!

漁師の自慢の魚を使った料理で1位を競う「プライドフィッシュ料理コンテスト」や、超人シェフ倶楽部に所属する一流シェフが腕によりをかけて作った魚料理のブースがあり、さまざまな魚料理をその場でいただくことができます。

テレビでもおなじみの桝谷周一郎シェフの「鮭と白身魚のフリット」や、

日本各地の魚介料理が食べられるイベント!漁師のイチオシから一流シェフ渾身の一皿まで

(C)ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル実行委員会

中華料理の陳建太郎シェフによる「ブリのたたき~よだれ鶏ソース~」も登場!

日本各地の魚介料理が食べられるイベント!漁師のイチオシから一流シェフ渾身の一皿まで

(C)ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル実行委員会

さらに宮永賢一シェフによる「さわらの竹林焼き」や、

日本各地の魚介料理が食べられるイベント!漁師のイチオシから一流シェフ渾身の一皿まで

(C)ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル実行委員会

後藤祐司シェフによる「魚介のクスクス」など和・洋・中の魚料理が味わえます。

日本各地の魚介料理が食べられるイベント!漁師のイチオシから一流シェフ渾身の一皿まで

(C)ジャパン・フィッシャーマンズ・フェスティバル実行委員会

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会