ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

伝説のギャグ漫画が松山ケンイチ主演で実写化! 映画「珍遊記」公開!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、実写映画化!  2月27日(土)より公開された。

主 人公の山田太郎を演じるのは、数々の名作で一癖も二癖もあるキャラクターに果敢に挑戦し、見事に演じ切ることで定評のある松山ケンイチ。また、太郎と共に 天竺を目指す坊主・玄奘に倉科カナ、太郎に恨みを持つ映画オリジナルキャラクターの龍翔に溝端淳平、太郎の育ての親・じじいに田山涼成、漫☆画太郎作品に は欠かせないばばあに笹野高史、漫☆画太郎作品ではお馴染みとなる世界最強の武闘家・中村泰造に温水洋一、変身前の山田太郎にピエール瀧など、個性豊かな 豪華メンバーが集結。

そ して、監督を務めるのは、「地獄甲子園」「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」など、映像化不可能と言われてきた数々の漫画原作ものを手掛け、独特のコメディセンス溢れる演出で期待を裏切らない山口雄大。そし て、脚本を務めるのは、キングオブコント2011&2013で決勝にも進出したお笑いトリオ・鬼ヶ島のリーダー兼小ボケ担当のおおかわらと、「銀魂゜」 「おそ松さん」など、話題のアニメ作品にも携わっている放送作家の松原秀。

2016年、「秘密結社鷹の爪」シリーズのDLEが贈る、日本映画界の常識を覆す衝撃の超問題作が、遂に解禁! 原作もあわせてチェックして。

【STORY】
天 竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(倉科カナ)は、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に天下の不良少年・山田太郎(ピエール 瀧)を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎(松山ケンイチ)を引き取ることになり、何の因果か共に旅をする羽 目に・・・果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか(いや、出来ない!)?
 
©漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP