ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

長時間露光で「Route 66」を撮影。絶景タイムラプスに思わず興奮!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカンカルチャーのアイコンでもある「Route 66」は、シカゴからサンタモニカ間を結ぶ全長3,755kmの一本道。作家ジョン・スタインベックが、1939年に発表した作品『怒りの葡萄』の中で「マザーロード(母なる道)」と書いたことでも知られている旧国道だ。

下のタイムラプス動画では、その迫力だけでなく、長時間露光撮影することで鮮明に捉えられた衝撃的な表情を見ることができる。日中の様子はもちろん、動画後半(#1分36秒)から始まる夜景の凄まじさは見逃せない。

魔性の魅力
「Route 66」

1985年に廃線となり、すでにズタボロになった道もそこかしこにある。だけど、『イージー・ライダー』のようにバイクを走らせて自由を感じたり、ナット・キング・コールの歌を聞きながら古き良きアメリカの雰囲気を味わったりーー。ただ一直線に伸びるだけに見えるこの道に、魅力を感じている人は少なからずいる。

この映像作品『MOJAVE BLUES(モハべ ブルース)』には、そんなノスタルジックなイメージだけでなく、天体や街の光が加わった特別な景色が捉えられている。画像だけで見てもタメ息ものだ。






Licensed material used with permission by Harun Mehmedinovic

関連記事リンク(外部サイト)

キャンピングカーを改造して旅にでた。そこには見たことのない景色が広がっていた・・・(画像17枚)
都内から90分「大山千枚田」のライトアップが幻想的・・・
静岡県の山奥。湖の上にある「秘境駅」が、まるで海外みたい・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。