ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4Kに近い書画カメラ。画質がパワーアップした IPEVO Ziggi-HD Plus 実物投影機として使える

  • ガジェット通信を≫


SONY製のCMOSセンサーを採用で、500万画素から800万画素にパワーアップしたIPEVO Ziggi-HD Plusが登場しました。書画カメラIPEVO Ziggi-HDは何?という人は、過去の記事を参考にしてください。教材や会議の資料を表示する書画カメラです。

IPEVO Ziggi-HD Plus をAmazonでチェック

Plusは最大解像度3264×2448ピクセルになりました。4K(3840×2160)に及ばないものの4Kに近い画質です。書画カメラは実物投影機として、手元の資料をプロジェクター等に表示するのに使えます。

書画カメラIPEVO Ziggi-HD(ワイアレス、VGA出力、iPad対応版も有り)レビュー
http://www.tachitto.com/2015/06/ipevo-ziggi-hd-shogakamera.html

IPEVO Ziggi-HD→IPEVO Ziggi-HD Plus何が強化されたのか。

インターフェース:USB 2.0(UVC)
SONY製のCMOSセンサー:500万画素→800万画素
最高解像度:2592×1944ピクセル→3264×2448ピクセル
ズーム倍率:デジタル6倍→デジタル12倍
最大撮影範囲:24.0×18.2cm →34.2×25.5cm
最大フレームレート:30fps(解像度:640×480)→30fps(解像度:1920×1080ピクセル) 

1.表示がサクサクにパワーアップ

いろいろと強化されています。一番大きな特徴は、最大フレームレートの強化です。フルHD画質でも30fpsのフレームレートが出るようになりました。

このフレームレートは録画ではなく、カメラで写した画像の出力表示のフレームレートです。実物投影機として使った場合、旧モデルより遥かにスムーズにモニターに表示されます。教材や会議の資料をテキパキと表示できます。

最高画質時(3264×2448)でも15fpsのフレームレートがでます。15ftpあれば、少しカクカクしますが、実用的に使えます。

2.画面広々&さらに拡大

過去モデルはA4サイズ表示ギリギリでした。それが1.5倍ぐらい広いエリアを写せるようになりました。24.0×18.2cm →34.2×25.5cm。いろんな書類を表示するには、より快適に使えます。デジタルズームも6倍から12倍になりました。

3.カラーに強くなった

SONY製のCMOSセンサーを採用されました。旧モデルよりカメラの性能がいろいろ上がったようです。色彩の再現性も高くなりました。

実際にPlusをさわってみましょう

細かい機能や使い方は旧モデルと一緒です。使用方法等は、過去の記事を参考にしてください。
http://www.tachitto.com/2015/06/ipevo-ziggi-hd-shogakamera.html

色が灰色になりました。

ソフトウェアはオンラインでダウンロードします。ソフトウェアを入れて、パソコンとUSBで接続すればすぐに使えます。(パソコンからプロジェクターや大型モニターに表示したりします。そうすることで実物投影機として使えます。)

フォーカスボタンでオートフォーカスできます。

画面の上には、デジタルズーム、反転、回転、解像度、明暗、フォーカスなどを簡単に調整できます。例えば、オートフォーカスから手動フォーカスに切り替えて、ピントを調整することも簡単です。撮影したり動画も取れます。

色々な画像を撮影。綺麗な画質をご確認ください。

IPEVO Ziggi-HD Plus で実際に撮影した画像です。

リモコン

おもちゃ



キーボード

デジタル拡大比較

元画像
しかも価格が20000円以下と、とても安価に設定されています。国内メーカの書画カメラなら2倍くらいの価格になるでしょう。

IPEVO Ziggi-HD Plus 高画質USB書画カメラ 800万画素/マイク内蔵
posted with amazlet at 16.02.28IPEVOAmazon.co.jpで詳細を見る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP