ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幸運は自分の手で掴みに行け!幸せの言い伝えがあるもの7選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

見ると「幸運」になると聞くと、見てみたくなるのが人間の心理ですよね。

世界には見ると幸運になると言われているものがいくつかあります。今回は見ると幸運になると言われているものを7個ご紹介したいと思います。あなたも幸運を手に入れましょう!

 

1.  グリーンフラッシュ

グリーンフラッシュとは夕陽が沈む瞬間、一瞬だけ夕陽が緑色に変わる自然現象のことです。「Green Flash」名前の通り、緑色の光が現れるということです。

グリーンフラッシュを見るには下記の条件が必要になってきます。

1. 太陽の光の屈折率によって起こる現象なので、空気が澄んでいること。

2. 空気中と地表面との高低差がある高い山や、気温差が大きい海なども、光の屈折率が大きくなるため見られる確率は高くなります。

 

見られる場所は、海外ではハワイやグアム、サイパンなどです。ハワイ島の西海岸のカイルア・コナ付近では比較的頻繁に見ることができるそうです。

そして実は日本でも見ることができます。小笠原諸島や沖縄県、福井県で目撃されています。

グリーンフラッシュは、本当に一瞬しか見られないので、瞬き厳禁です。

奇跡の瞬間を見逃すな!見ると幸運になれるグリーンフラッシュって何?

 

2. 白いクジラ

幻の白いクジラ、あなたは知っていますか?

1991年にオーストラリアでアルビノのザトウクジラが目撃されました。「Migaloo」と名付けられた白いクジラは、世界でも非常に稀であることから、大変話題になりました。

野生のクジラを見るのでさえ難しいのに、白いクジラを見たいとなると、さらに難易度は高くなるでしょう。このようなことから白いクジラ「ミガロー」に出会うと幸運が訪れると言われています。

 

最近では2015年に目撃されています。しかし、体長や体の特徴が異なることから、ミガローの子供ではないのか?という説もあります。

幻の白いクジラ、ぜひとも出会ってみたいですね!

【迫力!海に君臨する巨大な白い生物】純白のザトウクジラが神々しい
純白のクジラ!世界で唯一と考えられる珍しい『ザトウクジラ』が今年初めて目撃される

 

3. ブルームーン

「ブルームーン」とは満月がひと月に2回現れる現象のことです。見られるのは3年に1度と言われており、とても珍しい満月なのです。

“once in a blue moon”とも呼ばれ、非常に稀な現象とされています。

月齢周期は平均29.5日なので、1日、30日もしくは、2日、31日の組み合わせになることでブルームーンはやってきます。2月は30日に満たないのでブルームーンが起こるのは、2月以外の月になります。

 

ちなみに次にブルームーンが見られるのは2018年01月2日、1月31日、3月2日、3月31日だそうです。ぜひ2年後のこの日は、空に輝くブルームーンを眺めて幸せになりましょう!

ブルームーンを見よう

 

4. ユリシス

オーストラリアで、見ると幸運を呼ぶと言われている有名なものが、ケアンズや熱帯地区で生息が確認されている「ユリシス」です。

日本では別名「オオルリアゲハ」

ユリシスの青色の反射は、100m先からも確認でき、幸運の蝶と言われています。

 

オーストラリアでは、ユリシスを見ると3つのご利益があると言われています。その3つはこちらです!

1. 見ると幸せになれる
2. 1日の内に3回見るとお金持ちになれる
3. 肩など体にとまると、より大きな幸福が訪れる

以上、3つの言い伝えがあります。

自然のユリシスに遭遇するのは難しく、確実に出会いたいなら、キュランダ村の「蝶の博物館」に行ってみましょう。また遭遇しやすい場所として、 ケアンズのクイーンズランド州北部熱帯地域が挙げられています。

オーストラリアに行った際は、ユリシスを見付けて、幸運と金運を手に入れましょう!

幸運の蝶 ユリシス【オーストラリア】 
運気アップ!幸せを運ぶラッキーシンボル

 

5. 彩雲

彩雲とは名前の通り、青や緑、赤といった彩がある雲のことを言います。まるで虹のように、雲が鮮やかに色付きます。

比較的によく見られる気象現象とも言われていて、今回紹介した中では一番見られる確率が高いかもしれませんね。

photo by meganeinu

彩雲は次のような雲で見られやすくなります。

断片積雲(ちぎれ雲)、巻積雲(うろこ雲)、高積雲(ひつじ雲)、積雲(綿雲)で見られることが多いです。割と太陽の近くにある雲に色付くことが多いので、その周辺を観察していると見える確率も高くなってくると思います。

ただし太陽を長く見つめ過ぎると、目を痛めてしまう可能性があるので、サングラスをかけて見るなど、直接見ないように気を付けましょう。彩雲を見ると、パワーをいっぱいチャージできそうですね。

見ると開運!?冬空で出会える、雲が虹色に染まる「彩雲」
彩雲++あおぞら☆めいと

 

6. ピンクイルカ

photo by shutterstock

イルカにもピンクの色をしたイルカが存在します。「ピンクイルカは幸せの象徴であり、遭遇すると幸せになれる」なんて言い伝えもあったりします。

生まれた時からピンク色という訳ではなく、初めは黒い体に生まれ、グレーから白くなり、最終的にピンク色になっていくんだそうです。

海外ではそんなピンクイルカと一緒に泳げたり、触れることができる施設もあります。実際にピンクイルカと出会いたい方は施設に遊びに行ってみるのもいいですね。シンガポールでは、ピンクイルカのショーも行っているそうなので、こちらもぜひ訪れてみたいですね。

アメリカや香港、タイ、アマゾン川などいろんなところに生息している模様です。

1日に3回見ると幸福になる!人々を魅了するピンクイルカと泳いでみた
香港ランタオ島 野生のピンクイルカ・ウォッチング・クルーズ

 

7. ダブルレインボー

ダブルレインボーは、虹が同時に二つ出る現象のことです。私も去年東京で、ダブルレインボーを見ることができました。ハワイでは割とよく見ることができるそうです。

ダブルレインボーの言い伝えとして、「卒業」と「祝福」という意味があるそうです。

卒業は、今まで頑張ってきたことに対して「よく頑張ったね、お疲れ様」という意味が込められています。

祝福は、あなたに幸せがやってくるという意味合いが込められています。

 

ハワイではスコールが多いため、虹はよく出ますが、ダブルレインボーは珍しいそうです。ダブルレインボーが出ている内に願いを込めると、その願い事は叶うなんて言い伝えもあったりします。

とてもロマンチックな言い伝えのあるダブルレインボーを見て、願いを叶えてください。

ダブルレインボーの言い伝え【ダブルレインボーは幸運のサイン!?】

 

まとめ

見ると幸運になるもの7選の紹介でした。日本で見られるものもあるので、よく空を見ていると見られる確率も高くなるでしょう。

実は幸運は意外と近くにあって、それに気付くか気付かないかはあなた次第だと思います。身近にある小さな幸せを手に入れて、さらに幸運の言い伝えのあるものを見て、最幸の人生を手に入れましょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP