ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

値段以上の価値アリ!現地ツアーに参加してみませんか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo Credit: 芝野愛梨「中欧三カ国弾丸一人旅 ハンガリー・オーストリア・チェコ」

こんにちは、TRiPORTライターの新田浩之です。

今回の中欧・東欧旅行では、いくつかの街で現地ツアーに参加したのですが、どのツアーでも日本人観光客には会いませんでした。おそらく、日本のガイドブックでは、現地ツアーがあまり紹介されていないので、知名度が低いのでしょう。そこで今回は、中欧・東欧の現地ツアーの魅力と、現地ツアーを楽しむコツを紹介します。

現地ツアーの種類

現地ツアーには大きく分けて2種類あります。一つ目は「無料」の現地ツアーです。こちらは、規模の大きい街でよく見られます。ガイドの方がツアー名を記した旗を持って、主に旧市街を中心に案内してくれるスタイル。「無料」なので、基本的には徒歩での移動となります。ツアーにもよりますが、約3~4時間が一般的。予約は不要で、指定の時間に集合場所に集まればOK。気軽に参加できるのが特長です。

二つ目は「有料」の現地ツアーです。こちらは、事前に予約が必要な場合がほとんど。最低人数が集まらなければツアーが開催されないこともあるので、前日にツアーを開催する団体の事務所で予約を済ませましょう。自前のミニバスや公共交通機関を利用することも多く、博物館の内部も見学できます。もちろん、交通費や博物館の入場料はツアーの費用に含まれていますのでご安心ください。ツアーの内容は様々で、都市をディープにじっくり見るツアーもあれば、国全体を丸ごと周遊するツアーもあります。

筆者撮影

現地ツアーの魅力

現地ツアーの魅力はいろいろあります。一つ目は、その国や街の歴史や文化をしっかりと学べること。建造物の成り立ちなどのガイドはもちろん、それにまつわる背景やエピソードまで丁寧に教えてくれます。意外と自分が文化や歴史について、勘違いしていたと気付けることも!

二つ目は、ツアー参加者限定の秘密スポットを案内してくれること。私はチェコの首都、プラハで「共産主義ツアー」に参加しました。このツアーの最大の目玉は、第二次世界大戦後に作られた核シェルターを見学できることです。ツアーに参加しなければ、その核シェルターは見学できないので、かなり大きな魅力となっています。

実際に核シェルターを見学しましたが、シェルターはもちろん、毒ガス攻撃に備えて配られたガスマスクのコレクションを見て、呆気に取られました。

三つ目は現地に住んでいる人々の考え方に触れられること。ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボのツアーでは、ボスニア人の国に対する考え方を知ることができました。とにもかくにも、現地ツアーは値段以上の価値があることは間違いありません。

Photo Credit: Shoei Watanabe「ボスニア・ヘルツェゴビナ 激戦の爪痕残るサラエヴォ」

現地ツアーを楽しむコツ

基本的に現地ツアーは英語で行われます。多くの参加者の母語が英語の場合、ガイドが熟れた英語で話すことも。私は決して英語が得意ではないので、話の内容は6割から7割ぐらいしか理解できませんでした。しかし「英語と全く違う日本語を母語にしているから、わからないのは当たり前」と割り切って、ガイドが暇なときに直接、質問をしました。

また、他の参加者に聞いてみるのもいいでしょう。尋ねる時間がなければ、わからなかった箇所をメモし、後で調べるのもアリだと思います。「有料」ツアーの場合は、事前にガイドブックやWikipediaで予習するのもいいでしょう。そうすればより、現地ツアーを楽しむことができると思います。

現地ツアーから考える旅行観

今回、参加した現地ツアーでは、アジアからの参加者はほとんどいませんでした。欧米からの20代~30代の旅行者が多いような気がします。なぜ、アジアからの参加者は少ないのでしょうか。様々な要因が考えられますが、一つには「旅」に対する考え方が違うからだと思います。この「違い」については別の機会に書きたいと思います。

ライター:新田浩之
Photo by: 芝野愛梨「中欧三カ国弾丸一人旅 ハンガリー・オーストリア・チェコ」

Compathyでハンガリーの旅行記を見ましょう

Saki Asao「中世ヨーロッパへタイムトラベル!【ハンガリー】6日間の癒され旅♡」

Kimie Hagihara「ブダペストの建築巡り」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP