ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LEDによって人工の光を再現!近い将来、高層ビルが地下に沈む?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日当たり良好な部屋…のように見えるけど、実はコレ「CoeLux」という人工的な照明パネルによるもの!ここは窓の無い部屋なのです。

LEDで太陽光を再現!

イタリア・インスブリア大学の研究グループによって開発されているこのパネル。青空カラーの薄いガラスの裏に、太陽光を再現するLEDライトを設置し、本物の太陽に近い光の散乱をつくり出しています。そのため、室内であっても陽の光のポカポカ感を疑似体験できるのだとか。

さらに、光の角度や強さによって「地中海風」、「北欧風」といった異なる空が作り出せる機能もあるそうで、大都会にいながら、トロピカルな日差しを浴びてリラックス。なんてことも夢じゃありません。体感ではどんな違いがあるのでしょうか。

動画で見ると、さらにその臨場感が伝わってきます。

高層ビルが地下に沈む?

プロジェクトを率いるPaolo Di Trapani教授が考えているのは、「地下」への応用です。この製品があれば、どこにいても太陽光と青空を感じられるため、技術を応用して、地下都市を建設できるかもしれないーーなんて話も。まるでSF作品のような構想ですよね。

ちなみに、2016年2月9月から21日まで、ベルギー・ルーヴェンで開催されるEXPO「Up In The Air」でも展示されていたようです。ぜひ体験してみたい!

Reference:Lux Magazine
Licensed material used with permission by CoeLux

関連記事リンク(外部サイト)

たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
オフィスのムダ紙を「新品」にしてくれる、小型製紙機が日本で発売に!
マグネットでかんたん接続&取り外し ストレスフリーな充電ケーブルが誕生!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。